本郷村だより

文生書院のブログ

本郷村だより header image 2

日本の代表的童話作家二人の著作コレクション

2011年08月23日 · コメント(0) · 古書

巌谷小波コレクション  [明治29-平成3年]

Iwaya

巖谷小波(1870-1933年)、本名季雄。東京に生まれる。
ドイツ学協会学校や杉浦重剛の称好塾などに学ぶ。尾崎紅葉らと
硯友社を興し、新進作家として認められた。少年文学の創作と
実演に専念し,日本児童文学の創始者とされている。博文館の
少年雑誌類の主筆、ベルリン大学東洋学部講師、早稲田大学
文学部講師などをつとめ、国定教科書の編集、国語問題などの
面でも活躍した。

      

小川未明コレクション  [大正元年-昭和57年]

Ogawa

小川未明(1882-1961年)、本名健作。新潟県高田市に
生まれる。1905年早稲田大学英文科卒業。<物いはぬ顔>
その他の小説で、新ロマン主義の作家として出発、大正初期から社会
主義的関心を深め、20年「社会主義同盟」の発起人のひとりと
なったが、アナーキズム的傾向が強く、26年以後は童話創作に
専念した.日本近代童話の開拓者といわれる。童話の作風は北国的
な暗い空想と情緒の中に、人道主義的正義感をたたえている。
1953年、芸術院会員となった。

 

 

両コレクションとも桑原三郎氏の旧蔵書と思われるが確証なし。
但し、最近では両氏の著作本は稀しくなっていると思われる。

タグ :

コメント(0)

コメントはまだありません。

コメントする