本郷村だより

文生書院のブログ

本郷村だより header image 2

John G.Morrisと彼のコレクションについて

2010年10月28日 · コメント(1) · 洋古書

1965年初版から何回となく版を重ね、著者の人脈がなければ書けなかったと言わ
れる『世界の写真家』(1956)(重森弘淹著/ダヴィッド社)には写真の歴史
130年と28人の写真家について書かれています。その目次は以下の通りです。

第①章   南北戦争と辺境開拓のドキュメント
-アメリカ初期の記録写真家たち- Mathew Brady
第②章   芸術としての写真の系譜-絵画的写真の変遷-Alfred Stieglitz / Edward Steichen / Ansel Adams
第③章   写真のアバンギャルド時代
Eugene Atget / Edward Weston / Laszlo Mohly-Nagy
第④章   フォトキャンペーンノ展開-FSAドキュメンタリー運動- Dorothea Lange
第⑤章   グラフ・ジャーナリズムの誕生-「ライフ」の写真家たち-Margaret Bourke-White / Alfred Eisenstaedt / Carl Mydans /
Andreas Feininger
第⑥章   フォト・ドキュメンタリストのエリートたち-マグナム集団の活躍-Henri Cartier-Bresson / Robert Capa / David Seymour (Chim) / Werner Bischof /W. Eugene Smith / Philippe Halsman / Ernst Haas第⑦章   現代新鋭写真家たちの動き-写真前衛のうごき-
William Klein / Robert Frank
第⑧章   現代のファション写真家-はなやかな写真家たち
Cecil Beaton / Irving Penn / Richard Avedon
第⑨章   いく人かの異色写真家-写真界のさむらい-
Brassai / Robert Doisneau / Rolf Winquist / Ylla

”第⑤章 グラフ・ジャーナリズムの誕生-「ライフ」の写真家たち"(93-112p.)と
”第⑥章 フォト・ドキュメンタリストのエリートたち”(133-198p.)がここでの主題となる『フォト・ジャーナリズム』についての章なのですが、どこにもJohn G. Morrisの名前が出てきません。「Life」の写真家4名とマグナム集団に属した7名の著名な写真家
についての説明だけです。
  写真1
そこで『マグナム:報道写真半世紀の証言(Magnum: Fifty Years at the Front Line of History:Russell Miller著)』(1999)(木下哲夫訳/白水社) 
を見ても、現存する著名な写真家集団であるマグナムの写真家一覧の中にはその
名前が出ておりませんでした。それではMorrisがマグナムの中でどのような役割
を果たしていたか疑問が残ります。それを証明するのは巻末にある「索引」でした。Morrisの項目は著名な写真家と同様に多くの個所で彼の記載がある事で。
特に、著名な集団であるマグナムには色々なところから話が持ち込まれ、その話
の真偽と採用・不採用を決める編集者が必要であり、その役割をMorrisが果たし
ていたという事が判ってきました。下記の写真は『マグナム』の表紙と索引におけ
るMorrisの項目です。
やはり、PHOTO-JOURNALISMという観点から見れば、写真家と同様に、彼等を
助ける編集者の存在は不可欠であり、何故その写真を採用したのかというジャーナ
リズムの神髄はむしろ編集者の側にあるように思えます。
今回弊社が入手いたしました 『John G. Mprrisコレクション』は、Morris氏が
長い期間をかけて直接集められた図書という個人蔵書です。
詳しくは弊社のホームページをご高覧下さい。

GetTextIndex

『John G. Morrisコレクション』
には、彼自身のサイン入りの御著書が含まれて
おります。 「GET the PICTURE-A Personal History of PHOTOJOURNALISM」
(1998)(Random House/New York)ですが、Webcatを見る限り、この本は日本
の大学には1冊として所蔵が無いようです。
しかし、この本の翻訳は「20世紀の瞬間:報道写真家:時代の目撃者たち」(1999)(柴田都志子訳/光文社)として出版され100ヶ所以上の大学図書館に所蔵されて
いるようです。
ご参考までに下記の写真をご高覧下さい。
                  clip_image002[9] GetthePicture11
 
                         GetthePicture01
GetthePicture04 GetthePicture05
                                      GetthePicture06
尚、重森弘淹著『世界の写真家』 には記載がございませんでしたが、報道写真
として「日露戦争」期の写真家達とその報道写真を無視することはできないと思
います。第0次世界大戦とも称される「日露戦争」には多くの写真家が世界中から集
まり、いち早く報道写真として配信し、写真集も出版しておりました。次回はそのこと
について述べたいと思います。                                                                                          <YO>
 弊社の復刻版類も併せてご高覧いただければ幸いです。

.

タグ :

コメント(1)

webhosting with free domain lifetime に返信する (キャンセル)