本郷村だより

文生書院のブログ

本郷村だより header image 2

錦絵のちから 幕末の時事的錦絵とかわら版

2010年10月18日 · コメント(0) · 出版物

今回のブログは前回のビゴーの紹介をした最後に、風刺画繋がりで
タイトルだけ紹介した、錦絵のちからです。

こちらの本は2005(平成17年)に弊社から出版された本になります。

IMG_0001

           
         ~ 目 次 (主要部分)~ 
                     はじめに  
      第一章 歌川国芳の風刺画 
      第二章 「時事錦絵」の登場 
      第三章 流行神の時事錦絵 
      第四章 鯰絵の世界 
      第五章 はしか絵の情報世界    
        終章   時事錦絵のゆくえ

             主要参考文献一覧   
                事項・人名索引    
         付録 はしか絵解読文章

天保改革で厳しい統制を受けた江戸錦絵は、改革が失敗した弘化・嘉永期になると、歌川派絵師を中心に再び盛んに出版され、そのなかに巷の事件を伝えた錦絵が登場しました。この事実は「錦絵のジャーナリズム化」「錦絵のかわら版化」などとして、たびたび指摘されてきました。
IMG_0002
                                     『鯰絵』が紹介されているページ

本書では従来の研究史を継承し、幕末期の江戸で出版された「流行神の錦絵」「鯰絵」「はしか絵」などを一次資料として使用し、「時事錦絵」と呼
びうるジャンルが江戸錦絵界で定着した事実を、歌川国芳の活動・「かわら版」の出版現象ともあわせて検証しています。そして「時事錦絵」が庶民の情報源として幕末社会で果たした意義を考察しています。また「時事錦絵」が、江戸の事件やうわさを短期間伝えただけではなく、江戸庶民に対して「情報による癒し」を与えていた事実を指摘します。

 IMG_0003
また、この本は鯰絵・はしか絵を中心に、200点を超えるモノクロ図版・
はしか絵の解読文章を収録し、資料的価値の高い一冊になっています。

                                                                                                               (AO)

ご購入・ご質問はこちらからお願い致します

.

タグ :

コメント(0)

コメントはまだありません。

コメントする