本郷村だより

文生書院のブログ

本郷村だより header image 2

版画集・浴泉譜 前川千帆

2010年09月07日 · コメント(0) · 古書

この作品の紹介の前に前川千帆について少し説明致します。

1888-1960年の間に活躍した版画家・漫画家。京都生まれ。
1918年、読売新聞社に入り、漫画を描き続けます。しかし、その一方で、1919年(大正8)に、第1回日本創作版画協会展に「病める猫」のなどを出品して版画家としての活動を始めます。1922年(大正11)、日本創作版画協会会員となり。また文展、帝展、日展、春陽会展などにも出品しました。代表作に1941年(昭和16)に刊行された『日本浴泉譜』があります。

その前川千帆の代表作である『日本浴泉譜』を入荷しました。

昭16~34年に製作
表紙(題字)・見返し・扉も版画、毛筆署名入り
1冊に二十景の温泉・名所を多色刷木版画で紹介しています

浴泉譜 限150部の内第46部
IMG_0017 IMG_0018 IMG_0019
                              IMG_0020 IMG_0021

続浴泉譜 限100部の内第46部
IMG_0023 IMG_0024 IMG_0025
                                 IMG_0026 IMG_0027

続続浴泉譜 限40部の内第36部
IMG_0029 IMG_0030 IMG_0031
                                   IMG_0032 IMG_0033

続続続浴泉譜 限80部の内第61部
IMG_0035 IMG_0036 IMG_0037
                                 IMG_0039 IMG_0040

続続続続浴泉譜 限80部の内第61部
IMG_0041 IMG_0042 IMG_0043
                                   IMG_0044 IMG_0045

有名温泉地の他に、湯治宿のマイナーな温泉地も取り上げていて、
昭和中期の温泉事情を垣間見ることができます。
1954年頃まで「朝の浴場」「温泉宿」など
温泉や温泉場にこだわった作品を作り続けました。

作品の中の一つである梨木温泉は、今でも静かな一軒宿ですが、
「部屋部屋の鉄瓶が何百と廊下に並ぶという大所帯の宿。近在の湯治客
で賑うう。・・・開墾地に熊が出没するという 噂。・・・夏になると1000人
に近い客がきたらしい」
などが書かれていて、時代を映す資料としても貴重な作品になります。
今も残っている温泉地がほとんどですので、見比べてみたり、この風景を
版画にしたんだなと探してみるのも一つの楽しみかと思います。    (AO)

ご購入はこちらからになります

.

タグ :

コメント(0)

コメントはまだありません。

コメントする