本郷村だより

文生書院のブログ

本郷村だより header image 2

文生だより (文生書院メールマガジン) 第七十一号 (10月10日)

2014年11月04日 · コメント(0) · メルマガ

main-d  文生だより (文生書院メールマガジン)
  最新刊の案内や古書新入庫、イベント情報、連載など。
  毎月10日、25日に発行しています。
  【読者募集中(無料)・お申込は以下まで】
  http://www.bunsei.co.jp/ja/2011-11-28-02-07-40.html

 

─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━

                    文生だより (文生書院メールマガジン)
                                                              第七十一号
  毎月10日/25日発行                                         2014年10月10日
─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━
◇メールマガジンがご不要な方は大変お手数をお掛けしますが、その旨ご返信あるい
  は  mailto:info@bunsei.co.jp  までお知らせいただきたくお願い申し上げます。
  また、お手数ですがあわせてお名前もお知らせいただけますと幸いです。
◇ウィルス防止のため添付ファイルはありません。不審なメールに注意ください。
─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━
    ◇ 目次
    1. 新着古書
         金唐革見本帳 Lederschnitt-Musterbuch
    2. 文生書院 販売代理:HappyClean ハッピークリーン〔図書消毒機〕
    3. イベント情報
       ◇ 富岡製糸場世界遺産登録記念シンポジウム
           「富岡襲糸場と横浜の原三渓 -36年間の経営と継承-」
       ◇ 新三木会
           [第51回 講演会] 『日中関係の今後と日本の将来』 講師:丹羽宇一郎氏
       ◇ しょうけい館
           企画展:定期上映会「戦争を生き抜いて」
       ◇ 昭和館
           [第52回資料公開コーナー] スチール写真にみる昭和シネマ
       ◇「20世紀メディア情報データベース」有料化一周年記念 および
                 新曜社版『占領期生活世相誌資料』発刊記念ワークショップ
           ◆『占領期米語・GHQ 略語集』無料配布【まだご応募いただけます】◆
    4.【古書の買い取りを致しています】
    5.【ブックリスト・オン・デマンド:無料進呈】随時在庫リスト製作します

        ~ Facebookで最新情報を発信しています。是非ご覧ください ~
https://www.facebook.com/bunseishoin

──────────────────────────────────────
  ◆ 新着古書
──────────────────────────────────────
  ■ 金唐革見本帳 Lederschnitt-Musterbuch
  ヨーロッパの宮廷や城、教会の壁を飾っていた金唐革ですが、やがて建物などが改
  築される時期がきます。新しい壁布、壁紙に張り替えられるために剥がされた金唐
  革は、明治になって大量に日本にやってきました。
  明治38年に「ホトトギス」に発表した漱石の『吾輩は猫である』に、「迷亭先生
  は金唐革の烟草入れから烟草をつまみ出す」と書いてあります。日本に入ってきた
  大量の”壁張り”金唐革は、たちまち細かく刻まれて大量の煙草入れになりました。
  それと同時に、明治の職人達は革の工芸品としていち早くその技術を習得して磨き
  日本的な工芸品として,ウィーン万国博覧会(1873年)、その後のパリ万国博覧会
(1878年)に出品、紹介します。
  特に日本の金唐革製品はそのモチーフ(フィギュアや江戸時代のシーン)で、多く
  の人々の興味を引きつけたようです。本品はそこへ出品された見本帳の2冊の内の
  一冊だと思われます。非常に希少価値が高い品物です。

    ・全ての見本革は日本語ラベル付。(小さな紙のラベル)    
    ・個々の見本革サイズは多少差異あり
    ・最初と最後の見本革には多少傷あり     
    ・背表紙の厚紙は除去、表表紙の厚紙には使用跡あり
    ・全体的に非常に良い状態
http://www.bunsei.co.jp/ja/koshoall/sinnyuko/1199-2014-07-01-11-01-48.html
  ホームページに詳しい解説、一部写真を掲載。

──────────────────────────────────────
  ◆ 文生書院 販売代理【HappyClean ハッピークリーン】〔図書消毒機〕
──────────────────────────────────────
  図書館への設置を想定した図書消毒機が、HappyCleanハッピークリーンです。機器
  に書籍をセットし(二冊用・四冊用がございます)スタートさせると、送風が開始
  され、表紙など表面だけでなく各ページ隅々にまで紫外線が照射されます。同時に
  ほこりなど微細なゴミも落とされます。所要時間は30秒です。

  □ 簡単な操作
  機器に書籍を立てかけるようにセットし、スタートボタンを押すだけ。図書館利用
  者自身による操作もまったく問題ありません。
  □ 最適に配置された紫外線ランプ
  紫外線ランプは2冊用は四隅上部など6方向から。4冊用は四隅上部8方向から照射。
  まんべんなく本に紫外線が届きます。
  □ 抜群の殺菌効果
  30秒で消毒率は、99.9%(公認試験機関調べ)。最適な送風装置と独自の設計で、本
  をしっかりと開き、ページ間にも紫外線が届きます。
  □ クリーンなシステム
  本から出る微細なホコリはフィルタによって浄化されます。空気浄化循環タイプの
  ため外部に汚れた空気を放出しないクリーン設計です。
  □ 安心安全設計
  ドアを開けると自動で動作停止します。強化ガラス使用で紫外線が外に漏れること
  は一切ありません。錆に強いアルミケースを使用。

  詳細はこちら
http://www.bunsei.co.jp/ja/hanbaidairi/happyclean.html

──────────────────────────────────────
  ◆ イベント情報
──────────────────────────────────────
  ■           主催:原三溪市民研究会  横浜美術館  三溪園
           富岡製糸場世界遺産登録記念・原三渓市民研究会5周年記念

        シンポジウム「富岡襲糸場と横浜の原三渓 -36年間の経営と継承-」

  世界遺産に登録された「富岡製糸場」が、三溪園の創始者・原三溪にゆかりがある
  ことをご存知でしょうか?
  実業家として、また芸術のパトロンとしても多くの業績を残した原三溪は、36年間
  にわたり富岡製糸場を所有・経営していました。その時期は、三溪園の造園を行っ
  ていたころと重なります。
  このたびの世界遺産登録を記念したシンポジウムを、三溪園、原三溪市民研究会、
  横浜美術館の共催で行います。ぜひご来場ください。

  日時  :2014年10月11日(土)14:00~16:30
  会場  :横浜美術館 レクチャーホール
  参加費:無料
  定員  :先着200 名(12:30 よりホール入口にて整理券を配布します。)
  主催  :原三溪市民研究会 横浜美術館 三溪園

  <シンポジウム>
  ◇あいさつ  原三渓市民研究会
  ◇第1部  講演1:世界遺産と原時代の富岡製糸場
                    富岡製糸場総合研究センター学芸員 岡野雅枝
           講演2:原合名会社の近代経営学
                    東京外国語大学名誉教授・原三渓市民研究会顧問 内海孝
  -休憩-
  ◇第2部  パネルディスカッション
          パネリスト:川幡留司    三渓園 参事
                       岡野雅枝    富岡製糸場稔合研究センター 学芸員
                       内海孝      東京外国語大学名誉教授
           コーディネーター:原三渓市民研究会
  詳細はこちら http://www.yaf.or.jp/yma/topics/archive/1407_post_335.php

      ◇ 関連資料 ◇ 『速水堅曹資料集 -富岡製糸所長とその前後記-』
  速水美智子 編集 解題:内海孝 Hayami Kenso(1839-1913):His Life and Memories
http://www.bunsei.co.jp/ja/2009-10-22-09-06-12/1200-kenso.html
    【会場・文生書院ブースにて特価販売を行います。是非お越しください】

  ■ 新三木会    [第51回 講演会] 『日中関係の今後と日本の将来』

  日時: 2014年10月16日(木) 13:00-14:30
  場所: 如水会館
  演題:『日中関係の今後と日本の将来』
  講師: 丹羽宇一郎氏 
            前中華人民共和国駐?特命全権大使・前伊藤忠商事(株)取締役会長
  申込先:shinsanmokukai@gmail.com    受講料2000円 夫人1000円 学生無料
          資料・座席準備等もありますので、なるべく事前にお申込み願いします。

  日中関係は「お互い引越しのできない隣人」である。商社で30年、大使として2年
  半中国と密接に接してきた。
 大使在任は尖閣に始まり、尖閣に終わった。その国有化は急ぐなと国内向けに進言
  したが「媚中派」と批判された。
  日中国交回復以来40年、先人の努力が消えとする中を、要人との対話に努め直言を
  行い、相互理解の不毛化を打開すべく奮戦した。
  中国全土を辺境の少数民族自治区も含め経済人を伴い隅なく歩き、最高責任者に会
  い、自分の目で視察した。
  その多彩な経験と多角的な視野から多難な日中関係の現状と今後の展望、向かうべ
  き方向を語る。
  また併せて、中国から日本を眺め、日本の課題将来あるべき姿を考えてきたが、教
  育、産業その他にわたる展望と提言も語る。          
  ◎ 新三木会 ホームページ http://jfn.josuikai.net/circle/shinsanmokukai/
              今後の講演予定及び今までの講演 (PDF版 講演記録を掲載)
http://jfn.josuikai.net/circle/shinsanmokukai/kiroku.html

  ■ しょうけい館     [企画展] 定期上映会「戦争を生き抜いて」

  会期:平成26年9月17日(水)~11月9日(日)
  会場:しょうけい館1階
  休館日:毎週月曜日(祝日の場合は開館し翌日)
  開館時間:10:00~17:30(入館は17:00まで)
  入場料:無料
  上映スケジュールはこちら : http://www.shokeikan.go.jp/kikaku/kikaku.html
  ◎ しょうけい館 ホームページ http://www.shokeikan.go.jp/

  ■ 昭和館     [第52回資料公開コーナー] スチール写真にみる昭和シネマ

  最近の映画は、3Dなどの新しい技法と技術を用いた作品が数多く公開されるように
  なり、一時期衰退ムードにあった映画界も復活した感があります。
  映画館の内外には上映中や上映予定作品のスチール写真が貼られており、これから
  見る映画に心おどらされ、また見終えたばかりの作品のあの名場面をしっかりと心
  に焼き付けてくれます。
  こうしたスチール写真は戦前からあり、当時の映画シーンを思い起こさせてくれる
  でしょう。今回は、テレビが普及する以前、昭和20年代までのスチール写真の一部
  を紹介します。

  日時/会場: 平成26年9月9日(火)~11月3日(月) 昭和館1階ロビー
  展示内容はこちら : http://www.showakan.go.jp/floor/1f/shiryo/index.html
  ◎ 昭和館 ホームページ http://www.showakan.go.jp/

  ■    「20世紀メディア情報データベース」有料化一周年記念 および
      新曜社版『占領期生活世相誌資料』発刊記念ワークショップのお知らせ
        〔20世紀メディア研究所・NPO法人インテリジェンス研究所共催〕

     ◇ ご参加の方には占領期研究に役立つ『占領期米語・GEQ略語集』を ◇
                 ◇ 限定記念品として無料配布いたします ◇
         [お申込はこちら] http://www.bunsei.co.jp/ja/20thws.html

  日時:2014年10月11日(土曜日)午後1時半~午後4時
  場所:早稲田大学 1号館2階 現代政治経済研究所会議室
        [キャンパス地図] http://www.waseda.jp/jp/campus/waseda.html
  概要: 【定員50名・まだお申込いただけます】
        (1) 山本武利(NPO法人インテリジェンス研究所会長)
                                 挨拶と趣旨説明 13:30~13:50
        (2) 永井良和(関西大学教授)講演  13:50~14:50
                「「資料探し」の変革~プランゲ文庫で「地方の風俗」を読む~」
        (3) 土屋礼子(早稲田大学教授)解説 14:50~15:30
                「20世紀メディア情報データベース」の活用方法について
        (4) 質疑応答・ディスカッション 15:30~16:00

──────────────────────────────────────
  ◆【古書の買い取りを致しています】
──────────────────────────────────────
  ご処分の方法がお判りになられない方は先ずはご連絡下さい。その際にご処分され
  たい内容・分野や分量をお教えください。検討後、段取り等々ご案内いたします。
  弊社では常時ご相談をお待ちしております。
  もしも写真あるいはリスト等がございましたら、あわせてお知らせいただける幸い
  です。より具体的な方法をご案内できると思います。宅配便でお送りしていただく
  こともあれば、こちらからお伺いして引き取る方法もございます。全国出張買い取
  りは無料で承ります。
                        『公共図書館様・大学図書館様』
  重複で所蔵されているご蔵書について、ご整理をお考えになられているようでした
  らご相談ご一報ください。

──────────────────────────────────────
  ◆【ブックリスト・オン・デマンド:無料進呈】随時在庫リスト製作します
──────────────────────────────────────
  任意のキーワードで、単行本・雑誌の一覧リストを製作可能です。随時受け付け、
  数日の猶予を頂ければ無料にてメール等でお送りいたします。是非ご一報下さい。
                         mailto:info@bunsei.co.jp

【リストの例】下記リストは古い情報も含みます。売り切れの際はご容赦下さい。
  * 朝鮮半島関係古書在庫リスト(1)~(5)      * 映画雑誌(バックナンバー)
  * 地方史/郷土史                           * 震災関連資料リスト
  * 観光・旅行関連資料リスト                * 競馬関連資料リスト
  * 鉄道関連資料リスト                      * 絵本関連リスト
  * オリンピック関連リスト                  * 映画関連リスト (単行本)
  * 日本占領期関連リスト(復刻,雑誌,単行本)  * 各県”地方誌・郷土史”関連リスト
  * “写真集” 関連リスト                     * 戦前戦後「国語読本」関連リスト
  * 戦前戦後「入試」関連リスト
  詳細は http://www.bunsei.co.jp/ja/selected-books/jcollection/1118-ond.html

─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━
               ・引用、転載などは著作権法の範囲内で行ってください。
        ・ご意見、ご感想、お問い合わせは mailto:info@bunsei.co.jp まで。
     ・メルマガご不要な方は mailto:info@bunsei.co.jp までお知らせください。
─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━
                            文生書院のホームページ
http://www.bunsei.co.jp/
                         本郷村だより:文生書院のブログ
http://blog.bunsei.co.jp/
                  メルマガ【文生だより】バックナンバー・申込み
http://www.bunsei.co.jp/ja/mmagazine.html
─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━

タグ :

コメント(0)

コメントはまだありません。

コメントする