本郷村だより

文生書院のブログ

本郷村だより header image 2

文生だより (文生書院メールマガジン) 第六十九号 (9月10日)

2014年10月22日 · コメント(0) · メルマガ

main-d  文生だより (文生書院メールマガジン)
  最新刊の案内や古書新入庫、イベント情報、連載など。
  毎月10日、25日に発行しています。
  【読者募集中(無料)・お申込は以下まで】
  http://www.bunsei.co.jp/ja/2011-11-28-02-07-40.html

 

─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━

                    文生だより (文生書院メールマガジン)
                                                               第六十九号
  毎月10日/25日発行                                          2014年9月10日
─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━
◇メールマガジンがご不要な方は大変お手数をお掛けしますが、その旨ご返信あるい
  は  mailto:info@bunsei.co.jp  までお知らせいただきたくお願い申し上げます。
  また、お手数ですがあわせてお名前もお知らせいただけますと幸いです。
◇ウィルス防止のため添付ファイルはありません。不審なメールに注意ください。
─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━
    ◇ 目次
    1. 刊行案内
        『羅府年鑑』(復刻版)「初期在北米日本人の記録」第4期 北米編115輯1,2,3
    2. 販売代理店物ご案内
        「沖縄戦後初期占領資料」(復刻版) ワトキンス文書
         Global Times (環球時報)〔オンライン・データベース〕
    3. 新着古書
        「ヴェルヴ」文学と美術の雑誌 Verve
    4. イベント情報
       ◇ 9月27日(土) 開講 早稲田大学エクステンションセンター中野校の秋講座
          「検閲と危機の時代ー戦中・戦後占領期から現代まで」
       ◇ 新三木会
           [第50回 講演会] 『ニュートリノの夢』 講師:小柴昌彦氏
       ◇ 昭和館
          「もっと知りたい!村岡花子 アンだけじゃない花子の仕事」
    5.【古書の買い取りを致しています】
    6.【ブックリスト・オン・デマンド:無料進呈】随時在庫リスト製作します

        ~ Facebookで最新情報を発信しています。是非ご覧ください ~
https://www.facebook.com/bunseishoin

──────────────────────────────────────
  ◆ 刊行案内
──────────────────────────────────────
  ■『羅府年鑑』 羅府新報社編  [YEAR BOOK and Directory]
                     published by The Rafu Shimpo (L.A. Japanese Daily News)

    「初期在北米日本人の記録」シリーズ
     第4期 北米編115輯-1 『羅府年鑑』紀元2600年奉祝記念大鑑 1904年(昭和15年)
     B5版(26.5x20cm) 872p. ボード装 \32,000 (税別) ISBN:978-4-89253-552-9

     第4期 北米編115輯-2 『羅府年鑑』1938-1939年  1938年(昭和13年)
     B5版(26.5x20cm) 758p. ボード装 \25,000 (税別) ISBN:978-4-89253-553-6

     第4期 北米編115輯-3 『羅府年鑑』1937-1938年  1937年(昭和12年)
     B5版(26.5x20cm) 688p. ボード装 \24,000 (税別) ISBN:978-4-89253-554-3

  本書の構成は、最初に日系人の写真集が全体の約6分の一を占め、次の約6分の一が
  本文になり、残りの3分の2は住所録と成っております。この住所録はロスアンゼル
  スばかりでなく、カリフォルニア全体の住所録になっており、更に中西部の一部と
  東海岸も含んでいます。
  また、「米国関係団体並に個人住所」として国内の団体と個人名も数頁ですが含ま
  れております。尚、本書は菊判(22×15.5cm)として発行されておりましたが、写真
  集の中に余白のない太刀切れの写真が多く、紙型をB5版にいたしました。
http://www.bunsei.co.jp/ja/2009-10-22-09-06-12/1219-rafu.html
  ホームページに目次紹介・写真ページ紹介を掲載。

──────────────────────────────────────
  ◆ 販売代理店物ご案内
──────────────────────────────────────
  ■「沖縄戦後初期占領資料」 全100巻 別巻1巻 Paper of James T. Watkins IV
    元沖縄駐留米海軍軍政府担当将校ワトキンスが「軍政史研究」の基本資料として
    系統的に収集した幻の一大コレクション!沖縄戦後初期の米軍政に関する最重要
    基本資料群!
              《残部僅少》  榕樹書林 発行 ・ 文生書院 代理店

  〔推薦文 ワトキンス・ペーパーの刊行を祝して 大田昌秀〕
  この度、ワトキンス文書刊行委員会によって米國スタンフォード大学所蔵の「ジェ
  ームズ・T・ワトキンス文書」がすべて刊行されることは、近来にない一大快挙で
  す。
  改めて言うまでもなく、「ワトキンス・ペーパー」は、米軍政府の対琉球占領に関
  する一級資料です。スタンフォード大学の政治学教授であったワトキンスは、自ら
  沖縄戦に参加しただけでなく当初の琉球列島米国軍政府の総務部長を勤めた人物。
  彼は在任中に膨大な資料を集め、後にこれをスタンフォード大学に寄贈しました。
  私は1970年代の初期から16年間もアメリカに通い続けてアメリカの沖縄統治に関す
  る資料を収集しましたが、その間にこの「ワトキンス・ペーパーズ」の一部をコピ
  ーしたものです。それだけに今回の刊行を喜んでいます。…
http://www.bunsei.co.jp/ja/hanbaidairi/books/1203-watkinspaper.html
  ホームページに大田昌秀氏推薦文全文、James T. Watkins紹介を掲載。

  ■ Global Times (環球時報) 〔オンライン・データベース〕
  1993年1月に創刊。中国共産党中央委員会機関紙『人民日報』の国際版という位置
  付けとなります。国際問題や外交問題など、中国共産党の日々の対外政策を知るう
  えで、最重要の資料となります。
  【データベースの特徴】
  ・あらゆるデータは直接人民日報社から提供されます。
  ・1993年創刊号から今までのあらゆるデータを収録しており毎週更新されます。
  ・完全オンラインバージョン インストールとメンテナンスは必要なし。
  ・完全全文検索 高速サーチが可能。
  ・ダウンロード可能、プリント可能 、テキストとPDF原版様式を提供します。
http://www.bunsei.co.jp/ja/2009-10-22-09-09-22/69-oriprobe/1220-gt.html

──────────────────────────────────────
  ◆ 新着古書
──────────────────────────────────────
  ■ -世界で最も美しい雑誌-『ヴェルヴ』  文学と美術の雑誌 Verve
       Revue artistique et literaire / Artistic and Literary Quarterly
       1号~37/38号 Paris/New York (1937-1960年刊) 完全揃・原装本
       Folio, original bound as issued.           〔最終特別価格にてご提供〕

  20世紀最高の美術雑誌として評価される『ヴェルヴ』は、フランスの才能豊かな出
  版人テリアード(本名;エブストラテイオス・テリアード)が編集し、フランス、ア
  メリカの出版杜の理解のもと、4年間にわたって出版されたものです。
  当初は文芸評論誌として出発したため初期の記事には、ジョイス、ヘミングウェイ
  などの寄稿、マン・レイ、カルチエ・ブレッソン、ビル・ブラントなどの傑作写真
  が豊富に登場しております。テリアードは中世手彩色写本の紹介にも力点を置き、
  ベリー公の時祷書など数々の傑作を特集しております。さらに『ヴェルヴ』の果た
  した大きな仕事は、印刷に際してリトグラフを豊富に使用したことで、マチス、
  シャガールら20世紀の巨匠の多数のリトグラフを含んでいることが『ヴェルヴ』の
  価値を一層高めていいます。
  本セットは、1,3,4,8,31/32,33/34,37/38号が英語版で、他の号はフランス語版。
  すべて原装本。保存状態良好です。
http://www.bunsei.co.jp/ja/selected-books/ecollection/87-verve.html
  ホームページに内容明細を掲載。

──────────────────────────────────────
  ◆ イベント情報
──────────────────────────────────────
  ■ 9月27日(土) 開講 早稲田大学エクステンションセンター中野校の秋講座
     早稲田大学20世紀メディア研究所連携講座
    「検閲と危機の時代ー戦中・戦後占領期から現代まで」
         山本 武利(早稲田大学名誉教授、一橋大学名誉教授)
         加藤 哲郎(早稲田大学客員教授、一橋大学名誉教授)
         小林 聡明(韓国・慶煕大学International Scholar(招聘教授))
         吉田 則昭(立教大学講師)
         滝口 明祥(大東文化大学講師)
         時野谷 ゆり(早稲田大学講師)
         川崎 賢子(日本映画大学教授)
         土屋 礼子(早稲田大学教授、20世紀メディア研究所所長)

  検閲はインテリジェンス(情報)とどのようにかかわってきたのだろうか。20世紀の
  戦争遂行にあたって、検閲はどのように機能したのか。戦後占領期にGHQは日本の
  メディアに対してどのような意図をもって、いかなる手法で、検閲を行ったのか。
  検閲はどのような影響力を持ち、なにをもたらしたのだろうか。そして、検閲の現
  在は? 検閲をキーワードに20世紀から現代にいたる歴史と文化を読み解く。

  〔曜日〕土曜日  〔時間〕15:00~16:30  〔日程〕全10回 9月27日~12月06日
  【先着30名(先着順)です】
  講座内容詳細 https://www.wuext.waseda.jp/course/detail/4638/
  お申込み受講までの流れ http://www.ex-waseda.jp/opencollege/entry/info.html

  ■ 新三木会 [第50回 講演会] 『ニュートリノの夢』
     日時: 2014年9月18日(木) 13:00-14:30    場所: 如水会館
     演題:『ニュートリノの夢』
     講師: 小柴昌彦氏 2002年ノーベル物理学賞受賞者 
     申込先:shinsanmokukai@gmail.com    受講料2000円 夫人1000円 学生500円
          資料・座席準備等もありますので、なるべく事前にお申込み願いします。

  1987年、自らが設計を指導・監督したカミオカンデによって史上初めて自然に発生
  したニュートリノの観測に成功した。旧制一高時代、教授が「小柴は物理の出来が
  悪い、物理に行くことはないだろう」と言うのを陰で聴いて発奮し物理学の道を選
  んだ負けず嫌い。
 1年8か月のロチェスター大学最短記録で博士号を取得し給与UPを果たした。アメリ
  カでの研究生活が長く、アメリカと日本の大学環境について「アメリカでは偉い先
  生が間違ったことを言っても、それはおかしいと言える環境がある。しかし日本で
  は偉い先生が間違ったことを言っても、学生は委縮してしまい何も言えない」と答
  えている。
  「変人学者」「落ちこぼれ学者」と自ら嘲う博士が、大器晩成、現場主義を貫き、
  天体物理の夢を追い続けた過程での苦闘、波乱の一代記を、そして現代教育の在り
  方を語る。

  ◎ 新三木会 ホームページ http://jfn.josuikai.net/circle/shinsanmokukai/
              今後の講演予定及び今までの講演 (PDF版 講演記録を掲載)
http://jfn.josuikai.net/circle/shinsanmokukai/kiroku.html

  ■ 昭和館 「もっと知りたい!村岡花子 アンだけじゃない花子の仕事」
     開催期間 : 平成26年9月2日(火)~11月3日(月)
     開催場所 : 昭和館4階 図書室、5階 映像・音響室
     概要 :
  現在放映中の朝の連続テレビ小説「花子とアン」の主人公、村岡花子(1893-1968)
  は『赤毛のアン』などの翻訳で有名ですが、戦前から戦後にかけてさまざまなテー
  マで原稿を発表し、ときにはグラビアを飾っています。掲載雑誌は子ども向け、女
  性向け、一般誌、スポーツ誌、映画誌など多岐にわたり、対象とする読者の幅も広
  かったことがわかります。
  雑誌というメディアを通して彼女の仕事や生活にふれることで、花子という人を知
  るだけでなく、その生きていた時代の空気を感じ取ることができるのではないでし
  ょうか。
  そこで、今回、当館所蔵資料の中から村岡花子に関する雑誌を図書室で、朗読した
  音声を映像・音響室で紹介することになりました。ぜひご利用ください。

  〔村岡花子関連所蔵資料リスト〕
  昭和館図書室が所蔵する村岡花子関連資料を、翻訳、座談会、随筆、書評など、テ
  ーマごとに分類したリストを作成し、配布します。
  〔音響資料紹介〕
  5階映像・音響室では、子ども向けラジオ番組に出演し、「ラジオのおばさん」と
  して人気を博した花子による童話の朗読が試聴いただけます。

  詳細はこちら : http://www.showakan.go.jp/floor/4f/hanako/index.html
  ◎ 昭和館 ホームページ http://www.showakan.go.jp/

──────────────────────────────────────
  ◆【古書の買い取りを致しています】
──────────────────────────────────────
  ご処分の方法がお判りになられない方は先ずはご連絡下さい。その際にご処分され
  たい内容・分野や分量をお教えください。検討後、段取り等々ご案内いたします。
  弊社では常時ご相談をお待ちしております。
  もしも写真あるいはリスト等がございましたら、あわせてお知らせいただける幸い
  です。より具体的な方法をご案内できると思います。宅配便でお送りしていただく
  こともあれば、こちらからお伺いして引き取る方法もございます。全国出張買い取
  りは無料で承ります。
                       『公共図書館様・大学図書館様』
  重複で所蔵されているご蔵書について、ご整理をお考えになられているようでした
  らご相談ご一報ください。

──────────────────────────────────────
  ◆【ブックリスト・オン・デマンド:無料進呈】随時在庫リスト製作します
──────────────────────────────────────
  任意のキーワードで、単行本・雑誌の一覧リストを製作可能です。随時受け付け、
  数日の猶予を頂ければ無料にてメール等でお送りいたします。是非ご一報下さい。
                         mailto:info@bunsei.co.jp

【リストの例】下記リストは古い情報も含みます。売り切れの際はご容赦下さい。
  * 朝鮮半島関係古書在庫リスト(1)~(5)      * 映画雑誌(バックナンバー)
  * 地方史/郷土史                           * 震災関連資料リスト
  * 観光・旅行関連資料リスト                * 競馬関連資料リスト
  * 鉄道関連資料リスト                      * 絵本関連リスト
  * オリンピック関連リスト                  * 映画関連リスト (単行本)
  * 日本占領期関連リスト(復刻,雑誌,単行本)  * 各県”地方誌・郷土史”関連リスト
  * “写真集” 関連リスト                     * 戦前戦後「国語読本」関連リスト
  * 戦前戦後「入試」関連リスト

  詳細は http://www.bunsei.co.jp/ja/selected-books/jcollection/1118-ond.html

─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━
               ・引用、転載などは著作権法の範囲内で行ってください。
        ・ご意見、ご感想、お問い合わせは mailto:info@bunsei.co.jp まで。
     ・メルマガご不要な方は mailto:info@bunsei.co.jp までお知らせください。
─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━
                            文生書院のホームページ
http://www.bunsei.co.jp/
                         本郷村だより:文生書院のブログ
http://blog.bunsei.co.jp/
                  メルマガ【文生だより】バックナンバー・申込み
http://www.bunsei.co.jp/ja/mmagazine.html
─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━

タグ :

コメント(0)

コメントはまだありません。

コメントする