本郷村だより

文生書院のブログ

本郷村だより header image 2

金唐革見本帳

2014年07月02日 · コメント(0) · 古書

Lederschnitt-Musterbuch 金唐革見本帳 
金エンボス、72枚の金唐革見本帳 日本、19世紀後半、日本式綴本 15.5*26.5cm
本品は,金唐革とよばれる革工芸品用に使用する革見本帳で、非常に希少価値が高い品物です。
Kinkarakawa. – Goldlederprägung. – Japanisches Musterbuch mit 72 goldgeprägten und farbigen Ledertafeln . Japan, zweite Hälfte des 19. Jahrhunderts. Brosch. d. Zt. (Blockbuchbindung). 15,5 : 26,5 cm.

                        

               金唐革

Thumbnail image Thumbnail image

 

本品は,金唐革とよばれる革工芸品用に使用する革見本帳で、非常に希少価値が高い品物です。元来、金唐革と呼ばれる技術はムーア人(北西アフリカのイスラム教教徒の呼称)の発明に機を発し、スペインでエンボス革の壁張りが作られるようになって、更に広まったとされています。コルドバが16世紀の中頃にこの工芸品の中心地であった為、この技術は「Cuir de Cordoue」(= “from Córdoba”),と名づけられました。17世紀に入ってこの技術はコルドバからオランダへ伝えられました。オランダは、その後長い間に渡ってこの技術の中心地となり、”goudleer” (= gold leather )の名称で、製品を他の欧州諸国、中国 そして日本に輸出していました。およそ17世紀の半ばであったと考えられています。(尚、一説にはイタリア経由とする徳力説もございます。)

……

【解説の続き・見本革の写真は 文生書院ホームページへ】

タグ :

コメント(0)

コメントはまだありません。

コメントする