本郷村だより

文生書院のブログ

本郷村だより header image 1

戸田桂太さんを囲んで『東京モノクローム』出版記念講演と上映会

2016年11月30日 · 未分類

11月19日、ギャラリー古藤(練馬区栄町9-16)で、『東京モノクローム 戸田達雄・マヴォの頃』の出版記念講演会が開催されました。
会場となったギャラリー古藤は戸田さんが審査員を務める江古田映画祭の会場でもあります。
当日は、予想数を超える参加者に、ギャラリーは入り口付近まで椅子をならべる大満員となりました。
 DSC08065
「第1 部 近著『東京モノクローム』出版にまつわるお話」では、戸田達雄が生きた大正という時代についてお話いただきました。
戸田さんは、大正時代を総括して、「大正時代というのはアマチュアの時代。マヴォの芸術家たちもそうだが、後に影響を与えたとかいうことはなく、いかにもアマチュアの仕事といった雰囲気がある」とされ、アマチュアの時代だからこその大正時代の特異性、面白味を説かれました。

「第2 部 映像作品に向き合う」では、戸田さんが撮影した参考映像を放映したあと、立食パーティーのなかで、意見が交わされました。
DSC08076
参加者には、戸田さんの旧知の方も多くおられ、終始和気藹々とした和やかな雰囲気のなか会は進行しました。

→ コメント(0)タグ :

「タツオ」としてよみがえる 川崎賢子

2016年08月01日 · 新刊

川崎賢子 

戸田桂太『東京モノクローム 戸田達雄・マヴォの頃』

「タツオ」としてよみがえる

 戸田達雄についてあれこれ読んだ時期がある。二〇〇二年に上梓した『岡田桑三 映像の世紀——グラフィズム・プロパガンダ・科学映画』(原田健一と共著、平凡社)の調べ物をしていた頃のことだ。

 岡田桑三は、一九二二年から二四年にかけてベルリンに留学している。先に帰国し芸術集団マヴォを牽引した村山知義とはベルリン時代からの知己であり、一九二五年九月には、村山知義、吉田謙吉、岡田桑三が、心座の公演の舞台美術を手がけている。心座には、社会運動としての東大新人会の人脈と、美術のアヴァンギャルドのマヴォや三科の流れが合流し、旧劇の運営にあきたらないものをおぼえていた河原崎長十郎や、築地小劇場の女優・村瀬幸子らの演技者がこれにくわわった。岡田桑三は、マヴォの運動の周辺にいて、深く関わりはしなかったが、おそらくそのころ戸田達雄と知り合っているはずだ。

 その後、岡田は俳優・山内光として一九二六年に日活からデビュー、一九二八年には松竹に転じ、二枚目として銀幕で活躍する。プロキノを支援しつつ、対外文化宣伝に関心を深め、一九四一年、陸軍参謀本部肝いりで東方社を設立、ソビエトの対外宣伝誌『建設のソ連邦』の向こうを張って多言語の対外宣伝誌『FRONT』を制作するなど、振幅の大きな半生を送った。岡田と戸田達雄との関係がいっきょに深まるのは、敗戦、GHQ占領終了後の一九五二年八月に出版された『天皇と生物採集』(イヴニングスター社)である。岡田桑三が仕掛け、いわば戦後の生物学者としての昭和天皇イメージ形成にあずかることになった一冊の絵と文を、戸田達雄は担当した。戦時中『鳥と巣』(大和書店、一九四一)、『渡り鳥』(岩波書店、一九四一)などの出版で戸田と組んだ鳥類学者の内田清之助も『天皇と生物採集』に参加している。戸田は精密な肖像画、写生図を提供した。たしかなデッサン力と観察眼がうかがわれる巧緻な図像である。長男の戸田祥一郎氏は、一九五四年に岡田が設立する科学映画の制作会社である東京シネマを経て、アイカムで活躍する。

 このたび公刊された『東京モノクローム』の著者戸田桂太氏は、戸田達雄の四男にあたるという。桂太氏もまた、ドキュメンタリーのカメラマンとして、映像の仕事にたずさわっていらしたとか。副題は「戸田達雄・マヴォの頃」で、わたしはつい先をいそいで意想奔逸になってしまったが、本書はじっくりとマヴォとその時代の戸田達雄の軌跡をたどっている。

 本書に描き出されるモノクロームの都市空間を彷徨うのは、「タツオ」と呼ばれる、若き日の戸田達雄である。一九二三年関東大震災の日に、十九歳の彼は、ライオン歯磨きの広告部画室に所属し、勤め先の「丸の内ライオン宣伝所」(ショールーム)の女性を向島の自宅に送り届けたのち、猛火に帰路を閉ざされて綾瀬の先での線路上で夜を明かし、翌日巣鴨にたどり着く。震災後にあがった火の手が、風向きの変化とともに方向を変え、とぐろを巻くようにぐるりと市街を焼き払っていく九月一日。翌日には戒厳令の出た焼け跡の街を、群衆の狂気や暴力を底流にひそめた不穏な空気のなか、本所の先をめざす避難民の群れにさからって、タツオは市内に帰ったのである。戸田達雄とマヴォの芸術家たち、ダダイストやアナキストとの交友の深まり、その原点を、本書は関東大震災の体験に求めている。

 関東大震災という自然災害、火災、そして自然災害への対処としては異例の戒厳令の発動と詩人や思想家、在日朝鮮人の虐殺という体験は、新興芸術、モダニズムとマルクス主義、アナーキズムの交錯するマヴォのひとびととその表現に、影を落とさずにはいなかった。本書は、戸田達雄が広告会社「オリオン社」を創設し、一九三〇年に二十六歳で結婚するまで、一九二〇年代、それも二〇年代前半、震災後、大正末期から昭和初頭にかけての、濃密な時間のなかに自在にわけいり、ひとびとの具体的なことばとからだが紡ぎ出した表現の真相をきりひらいてみせる。

 文学表現や、雑誌メディアの研究が昭和モダニズムに着目しはじめた一九九〇年前後には、日本におけるモダニズムの尖鋭化、その頂点は震災からの復興と東京のモダン都市化とシンクロする昭和初年の一九二七年頃かと、いわれたものだった。が、近年、むしろ昭和のモダニズムと一九一〇年代のアーリーモダンからの連続と切断の諸相に対する関心が高まっている。とくに3・11後、大震災という自然災害の傷と、原発事故という科学技術の限界と、その恐怖に耐えかねている大衆の狂気と、それらを利用して表現者の自由を抑圧しようという動き等々、マヴォとその時代が現代に通じるところは少なくないと痛感させられる。「無鉄砲」と書いて「アナキスト」と振り仮名をふりたくなるような芸術家たちが、暗い時代をどのように生きたのか、どのようにも生き得たのか、野垂れ死にという自由もありえたのか、そのことを知るのは、現在のわたしたちにとってかすかな希望でもある。

 本書に続いて戸田達雄『私の過去帖』の復刻も決定したとのこと。とても楽しみだ。

戸田桂太 『東京モノクローム 戸田達雄・マヴォの頃』   紹介ホームページはこちら

mavo1

toda

→ コメント(0)タグ :

御礼:メールマガジン100号記念 【出版物 プレゼント】

2015年12月22日 · その他

メールマガジン第98号(11月25日号)にて募集させていただきましたメールマガジン100号記念企画【文生書院 出版物 プレゼント】。こちらのご応募期間が12月20日をもちまして終了いたしました。皆様からとても多くのご応募をいただきました。誠にありがとうございました。

一部ご希望が集中しました出版物に関しましては、先ほど厳正な抽選を行いました。ご当選の方には、12月25日のメールマガジン発行とともに、その旨ご連絡差し上げます。

残念ながら選に漏れてしまった方には大変申し訳なく存じますが、今回お申込いただきました全員に、[2015/12/25~2016/1/10まで] ご利用可能な 『20世紀メディア情報データベース』のパスワードをもれなくプレゼントさせていただきます。こちらも12月25日メールにてご案内申し上げます。

弊社メールマガジンは、今後も200号300号を目指して社員一丸となりまして邁進して参ります。是非とも変わらぬご愛顧のほど賜れますれば大変幸甚に存じます。今後とも引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

文生だより (文生書院メールマガジン) バックナンバー はこちら

IMG_20151222_111957

IMG_20151222_162503

→ コメント(0)タグ :

戦後70年企画「戦後池袋-ヤミ市から自由文化都市へ-」

2015年08月26日 · イベント情報

【主催】豊島区・東京芸術劇場・立教大学

http://www.ikebukuro2015.com/project/_asset/img/main_visual_event.jpg

実行委員長のメッセージ

昭和20年4月13日、所謂、城北大空襲は、池袋を焼き尽くした。
8月15日終戦。この時、壊滅的打撃からいち早く立ち上がったのは通称ヤミ市と呼ばれたマーケットである。それは、灰土の中に点された熱い池袋人の思いの結晶であった。闇の向こうに底光りがあり、大正ロマンが残光を繋いだ。
立教大学・自由学園など自由教育の地盤、アジアからの熱いまなざし、宣教師たちの西欧文化移入、絆に紡がれた雑司ケ谷の文化遺産がこの地にあった。
池袋は自由文化都市の先進性を伝統としていたのである。ヤミ市を、人は自由市場と呼ぶ。ヤミ市の底深く流れていたのは、この自由への思いである。
自由は常に渇望から生まれる。人々の渇望の坩堝がヤミ市であった。訪れた平和のエネルギーがこの地にあった。しかし、平和への思いの風化は進んだ。
私たちはこのエネルギーの所在をしっかりと見つめなおしたいと考えた。
忘れてはならないと考えた。
ここで、世界を牽引する日本のマンガ文化・アニメ文化の担い手が育まれ、池袋モンパルナスの若き芸術家の魂が躍動し、江戸川乱歩等の大衆文化が胎動した。笑いは楔を放ち開放され、映画館に鈴なりになり、歌謡曲やジャズと一緒に、恋は町にあふれ、躍動のリズムが劇場に鳴り響いた。
昭和30年代まで、池袋西口のヤミ市は、存続した。
池袋のヤミ市が担ったのは、飲食のみではない。衣料品、おもちゃや模型店が並び、多くの婦人子供の足を止めたという。他のヤミ市以上に庶民の生活に密着していたのである。
戦後70年を迎える今日、文化創造都市池袋は大きな節目を迎えた。
この企画は「池袋学」の上に戦後池袋の平和への原点を刻む試みである。

2015年6月 「池袋=自由文化都市」プロジェクト実行委員長 渡辺憲司

公式サイトはこちら      http://www.ikebukuro2015.com/
東京芸術劇場HPはこちら  http://www.geigeki.jp/performance/event110/

【日程】

シンポジウム   2015年9月12日 (土)
展示               2015年9月14日 (月) ~ 9月22日 (火)
屋外イベント   2015年9月18日 (金) ~ 9月20日 (日)

● シンポジウム ●
◎「戦後池袋の検証―ヤミ市から自由文化都市へ」
戦後の池袋は、ヤミ市と呼ばれるマーケットを中心に都市の活力を蓄えた。食料や物資を求めて多くの人々が集い、そこにさまざまな交流が生まれた。ヤミ市の世界は、混沌であると同時に新たな活力の源泉でもあった。また、日本が敗戦からの復興を遂げた後にも池袋の街にはヤミ市が残り、自由で柔軟な都市文化の基点となった。今回のシンポジウムでは、戦後70年という地点から池袋の歴史と魅力に迫り、“自由文化都市”としての未来を考える。

日程:  2015年9月12日(土)14時~16時
講師:  川本三郎(評論家)
           マイク・モラスキー(早稲田大学教授)
           吉見俊哉(東京大学教授)
司会:  石川巧(立教大学文学部教授)
会場:  立教大学 池袋キャンパス 11号館地下1階 AB01教室
料金:  無料
申込方法: 以下のお申込みフォームにご記入のうえ送信ください。
https://ox03.asp.cuenote.jp/mypage/regist/bRsbbRbRTbgTs3wjU
          ※お申込み時にいただく個人情報は、本セミナーのお申込み以外の
            目的には使用いたしません。要事前申込。

● 展示 ●
◎「戦後池袋~活力の記憶を辿る」
ヤミ市時代の記録や記憶を多彩な展示でご覧いただく。写真パネル、ヤミ市のスケッチ、ジオラマのVTR、ラジオ音源、カストリ雑誌などによって当時の世相・文化を紹介。オープニングでパルコキノシタによるライブ・ペインティングも行う。
   ギャラリートーク 《プログラム案》 ※各回13時~14時半を予定
   9月14日:「今、ヤミ市を考える意義(仮)」渡辺憲司   「戦中の文化人:江戸川乱歩と武井武雄 」平井憲太郎+(イルフ童画館館長)+山田智稔
        15日:「女学生の見たヤミ市」上原すゞ子+伊藤縫子
        16日:「タイトル未定」海保洋一+ひろば千早(B)
        17日:「タイトル未定」高木継夫+ひろば千早(A)
        18日:「私の描いたヤミ市と暮しの記憶」矢島勝昭
        19日:「記憶に残るヤミ市」内山數子+田原俊夫
        20日:「ヤミ市の記憶と池袋西口の発展(仮)」齋木勝好
        21日:「ヤミ市での商売」内田嘉行+尾上多喜雄
        22日:「大学生が考察した池袋ヤミ市」古田土紗季 「ヤミ市からの出発=副都心形成へ(仮)」石槫督和
日程:  2015年9月14日(月)~22日(火・祝)10時~19時(14日のみ13時から)
会場:  東京芸術劇場 5階 ギャラリー1
料金:  無料
お問合せ:  東京芸術劇場 事業企画課 事業調整係 03-5391-2116

◆文生書院:カストリ雑誌・紙芝居 展示即売◆

場所:   東京芸術劇場 5階 ギャラリー1 前
日程:  [展示] 2015年9月14日(月)~22日(火・祝)
           [即売] 2015年9月18日(金)~22日(火・祝)

【占領期日本の出版物と検閲 ~プランゲ文庫とは~】 [展示]
「20世紀メディア情報データベース:占領期の雑誌・新聞情報1945-1949」のデモンストレーション・お試し操作
【GHQによる検閲の様子】 [写真展示]
【カストリ雑誌】 [即売]
赤と黒、アベック、ヴイナス、Windmill、うきよ、オーケー、オール猟奇、オール・ロマンス、怪奇雑誌特別増刊「日本一」、怪奇雑誌別冊、奇抜雑誌、奇抜別冊、狂艶、くいーん、好色世界、サン、実話、実話犯罪読物、真相特集版、政界、ジープ、青春タイムス、性文化、千一夜、旋風、探訪読物、だんらん、内外旬報、ナンバーワン、人魚、人間復興、ネオリベラル、犯罪実話、犯罪百面相、人人、夫婦雑誌、文化グラフ「S」 、別冊週刊サンケイ、ホープ、マダム、明暗、物語、夜話、妖奇、読物クラブ、読物と娯楽、楽園、リーベ、りべらる、猟奇、レポート、レポート別冊、ロマンス、ほか
【戦後紙芝居】 [展示・即売]
蕗の下の神様、良寛さま、元気になった繁君、蜘蛛の糸、若竹の如く、母よいづこ、赤い蝋燭と人魚、親切な兄弟、手をふるきかんしゃ、あばしりの鈴蘭、網走の鈴蘭、しゃぼんだま、りんりんかぽかぽ、ほか
【探偵小説雑誌】 [一部分展示]
宝石、別冊宝石、妖奇(トリック)、鬼:探偵小説研究、新探偵小説、真珠、ほか

 

◎「戦後池袋の住人・江戸川乱歩が視た世界」
江戸川乱歩の「貼雑年譜」の未刊行巻を紹介。乱歩が撮影した映像フィルムの上映や、土蔵内の書棚をパネルでご覧いただく。
日程:  2015年9月14日(月)~22日(火・祝)10時~19時(14日のみ13時から)
会場:  東京芸術劇場 5階 ギャラリー2
料金:  無料
お問合せ:  東京芸術劇場 事業企画課 事業調整係 03-5391-2116

◎「雑誌『婦人之友』に見る市民生活」 
激しい空襲で焼け野原となった池袋。奇跡的に残った婦人之友社と自由学園明日館からは、池袋駅が一望できたという。戦時中も発行を続けた『婦人之友』の誌面から、昭和20年の市民生活を紹介する。
日程:  2015年9月15日(火)~22日(火・祝)10時~16時(入館は15時30分迄)
休館日:月曜
会場:  自由学園明日館
料金:  400円
お問合せ:      自由学園明日館 03-3971-7535

◎「戦中・戦後の立教学院」
池袋とともに歩み、「自由の学府」として発展してきた立教学院。その戦中・戦後の姿を、近隣の様子と合わせて紹介します。
日程:  2015年9月14日(月)~22日(火・祝) 10時~17時
会場:  立教学院展示館(豊島区西池袋3-34-1 メーザーライブラリー記念館2階)
お問合せ:  学校法人立教学院展示館事務室 03-3985-4841

◎ 旧江戸川乱歩邸「旧江戸川乱歩邸特別公開―戦後乱歩―」
江戸川乱歩が、昭和9年から、70歳で死去する昭和40年まで、約30年間暮らした家です。書庫として使用した土蔵、増築した洋風の応接間などを公開しています。愛用品や書籍の展示もおこなっています。イベント期間には、少年探偵団シリーズなど、おもに戦後に発表された作品を中心とした特別展示を予定しています。
日程:  2015年9月14日(月)~22日(火・祝)10時30分~16時 会期中は無休
会場:  旧江戸川乱歩邸(立教大学江戸川乱歩記念大衆文化センター)
お問合せ:  立教大学江戸川乱歩記念大衆文化研究センター 03-3985-4641

◎「池袋ヤミ市と戦後の復興《秋の収蔵資料展》」
戦後の池袋駅周辺復興の道筋を、池袋ヤミ市の模型、関係資料、写真等を用いて紹介。【展示みどころ解説:9/26、10/24、11/28の14:00~14:40】
日程:  2015年9月14日(月)~11月29日(日)9時~16時30分
会場:  豊島区立郷土資料館(豊島区勤労福祉会館7階)
お問合せ:  豊島区立郷土資料館 03-3980-2351

◎「没後50年―不滅の江戸川乱歩展」
昭和は遠くなりにけり―といわれる昨今、江戸川乱歩は昭和40年の没後から50年の今年なお読み継がれ、映画・舞台・アニメに引っ張りだこ。その魅力の源泉を、横溝正史・高木彬光ら同志たちとの交歓を通じて探る。
日程:  2015年9月1日(火)~10月3日(土)9時30分~16時30分(入館は16時迄)  9/14~9/22は無休(以降毎週日曜・月曜・祝日は休館)
会場:  ミステリー文学資料館(豊島区池袋3-1-2 光文社ビル1階)
料金:  300円 ※9/14~9/22の期間中パンフレット提示にて入館無料
お問合せ:  ミステリー文学資料館 03-3986-3024

● 屋外イベント ●
プロジェクト全体のテーマは、池袋ヤミ市の検証を通じて「戦後のエネルギーの源を振り返る」ことであり、そのために当時の雰囲気や復興に向かう戦後大衆文化の活力を表現することに努める。また地元商店街・企業・町会・諸団体等との協働によって池袋西口の賑わいづくりに寄与する。

◎ 1)ヤミ市風“自由市場” 池袋西口ホッピー祭り
日程:9月18日(金)15時~20時/19日(土)11時~20時/20日(日)11時~19時
特別協賛:ホッピービバレッジ株式会社

◎ 2) 池袋昭和懐メロステージ
歌謡曲、オールディーズ、ジャズ、カントリー、ブルースなど、戦後を彷彿させる音楽の生バンド演奏を行う。
日程:9月18日(金)16時~20時/19日(土)12時~20時

◎ 3) 池袋昭和歌謡のど自慢2015
「昭和歌謡」をコンセプトとした素人カラオケ大会。昭和63年以前に発表された曲から各自好きな曲を選び、自慢の喉を競い合う。優勝賞金5万円の他、パフォーマンスに秀でた出場者にも賞金記念品を多数用意。出場希望者の募集は事前に行う。
日程:9月20日(日)12時~19時
お申込・詳細は特設サイトへ http://s-nodojiman.com/

→ コメント(0)タグ :

弊社在庫目録2015年特集号 前編のご案内

2015年05月08日 · 古書

 

2015HalfPage

 

2015年5月15日発行 A4版 48p. 

(今回は「アーソ」の題名を集めて前編といたしました。後編も追って作成致します。)

    弊社では30数年前に手狭になりました都内の書庫を東北縦貫道沿いの群馬県へ移転し、いち早くパソコンによる書籍管理を導入し、以前より致して居りました目録販売を中心として、最近ではネット通販による販売にも努力いたしております。今回ここにまとめました統計書・資料等々は、雑誌・単行本・叢書と言うジャンルでのご案内の機会が少なく、ネット通販でも中々ご案内できないでおりました。しかし、実際の数字を記録した統計書や実地調査を主とした年鑑・年報・月報及び報告書・調査書等々は今までの状況を再確認する為の絶好の資料だと思いますし、混沌とした社会を考え直す為にも必要となる資料だと推測致しております。

    コンピュータネット社会の時代が到来してきた頃より、この種の資料の廃刊が目立ち始めました。しかし、それらに変って、オンラインで提供されるものに移行したとも感じられません。有料で提供されるデータベースがあるのかも知れませんが、それを知る由もありません。更に、この種の資料のバックナンバーは、古書市場への流入が極端に少なくなって来ており、ここにご案内致しておりますセットが最後になる可能性もあるかも知れません。

   セット以外でも、欠号補充等にご活用頂けますれば幸いです。是非ともご照会お願い致します。但し、1組しか在庫のございませんものはご容赦ください。

 

ご請求を受け次第、無料にてお送り申し上げます。

→ コメント(0)タグ :

文生だより (文生書院メールマガジン) 第七十六号 (12月25日)

2015年02月27日 · メルマガ

main-d  文生だより (文生書院メールマガジン)
  最新刊の案内や古書新入庫、イベント情報、連載など。
  毎月10日、25日に発行しています。
  【読者募集中(無料)・お申込は以下まで】
http://www.bunsei.co.jp/ja/2011-11-28-02-07-40.html

 

─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━

                    文生だより (文生書院メールマガジン)
                                                               第七十六号
  毎月10日/25日発行                                         2014年12月25日
─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━
◇メールマガジンがご不要な方は大変お手数をお掛けしますが、その旨ご返信あるい
  は  mailto:info@bunsei.co.jp  までお知らせいただきたくお願い申し上げます。
  また、お手数ですがあわせてお名前もお知らせいただけますと幸いです。
◇ウィルス防止のため添付ファイルはありません。不審なメールに注意ください。
─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━
    ◇ 目次
    1. 年末年始の営業についてのお知らせ
    2. 新着古書 <クリスマス特集>
         Fore Edge Painting Books 小口絵本:聖書・祈祷書
         キリスト教紙芝居 『聖書物語』『イエス伝(福音紙芝居)』【新着】
         トマス・ア・ケンピス 「キリストに倣いて」
    3. 文生書院 販売代理
         フェンシング書誌総覧 ~ Fencing: A Bibliography ~
    4. イベント情報
         ◇ 横浜開港資料館 アーネスト・サトウの次男 武田久吉と山
    5.〔テクノインテリジェンス〕NPO法人インテリジェンス研究所
         『有沢製作所・アスナ』(立体ディスプレイ)
    6.【古書の買い取りを致しています】
    7.【ブックリスト・オン・デマンド:無料進呈】随時在庫リスト製作します

        ~ Facebookで最新情報を発信しています。是非ご覧ください ~
https://www.facebook.com/bunseishoin

──────────────────────────────────────
  ◆ 年末年始の営業についてのお知らせ
──────────────────────────────────────
  弊社では、誠に勝手ながら年末年始の営業を下記のとおりとさせていただきます。

   ◎ 2014年12月27日(土)~ 2015年1月4日(日)の期間、休業させて頂きます。

  1月5日(月)からは通常どおりの営業となります。なお、年末年始休業日中に頂き
  ましたご注文、お問い合わせに関しましては1月5日より順次対応させて頂きます。
  期間中は何かとご迷惑をお掛けいたしますが何卒ご了承の程お願い申し上げます。

──────────────────────────────────────
  ◆ 新着古書 <クリスマス特集>
──────────────────────────────────────
  ■ Fore Edge Painting Books 小口絵本:聖書・祈祷書
     ~ 小口絵本:大型コレクション79点から、関連5点のご紹介 ~
  此処にご案内します小口絵本は、皮装の豪華本で、見返しにはマーブル紙が使われ
  ております。1949年に発行された『小口絵本1001冊』では入手し難い本が紹介され
  ておりますが、今まで何冊の小口絵本が世界に存在するかは誰にも判らない事であ
  ります。
  小口絵本は1冊1冊職人の手によって作られたもので、2冊とは同じものが無い世界
  だと思います。是非とも記念品として世界で唯一無二の作品をご愛蔵ください。

  1. 聖書 (旧約・新約)  ケンブリッジ 1862年刊
  スプリット・タイプのフォア・エッジ ペインティング本です。小口の中心から左
  右の部分に旧約聖書と新約聖書に関するシーンがそれぞれ2図描かれています。

  2. 祈祷書 オックスフォード 1850年刊
  道路上に駅馬車が止まって荷物の整理をしている西部劇風の絵が描かれています。

  3. 祈祷書 パリ 1791年刊
  17世紀のイギリスで、華麗な装丁と小口絵を考案したEdwards of  Halifax 一族の
  手になる美麗な装丁本です。テームズ河からイートン校の礼拝堂を望む風景画が描
  かれています。

  4. 祈祷書 ロンドン 1823年刊
  バッキンガム宮殿の近くにあるホースガーズパレードの風景が描かれています。

  5. 祈祷書 ロンドン 1772年刊
  17世紀のイギリスで、華麗な装丁と小口絵を考案したEdwards of  Halifax 一族の
  手になる美麗な装丁本です。ヘレフォード城の風景が描かれています。

http://www.bunsei.co.jp/ja/selected-books/ecollection/1254-fep1412.html
  ホームページに小口絵本の解説・各冊書影・小口絵画像を掲載。

  ■ キリスト教紙芝居
  『聖書物語』編:今井よね 昭和8~9年刊 紙芝居刊行会
  第1巻 少年ダビデ 20枚1組            第2巻 善きソマリヤ人 画:板倉康雄
  第3巻 獅子穴のダニエル 画:板倉康雄  第4巻 ダマスコ途上のパウロ 画:板倉康雄
  第5巻 クリスマス物語 画:板倉康雄    第6巻 幼児モーセ物語 画:柚月芳
  第7巻 ヨナ物語 画:三浦浩            第8巻 桑の樹のザアカイ 画:三浦浩
  第9巻 ヨセフ 画:三浦浩              第10巻 放蕩息子 画:三浦浩
  第11巻 アブラハム 画:三浦浩         第12巻 ダビデとヨナタン 画:三浦浩

  『イエス伝(福音紙芝居)』編:今井よね  昭和10~11年刊 紙芝居刊行会
  第1巻 クリスマス 画:平沢定治        第2巻 若き日のイエス/他 画:平沢定治
  第3巻 カナの婚筵/他 画:三浦浩       第4巻 ナザレの会堂/他 画:柚月芳
  第5巻 日曜日に就いて/他 画:平沢定治 第6巻 病気になる/他 画:三浦浩
  第7巻 ベツサイダの盲/他 画:柚月芳   第8巻 ベタニヤ訪問/他 画:平沢定治
  第9巻 幼児の祝福/富める青年/他  画:三浦浩
  第10巻 エルサレム入場/宮清め/他 画:柚月芳
  第11巻 ゲツセマネの園/法廷/他
http://www.bunsei.co.jp/ja/koshoall/sinnyuko/1256-kamishibai.html
  ホームページに各巻表紙画像を掲載。

  ■ トマス・ア・ケンピス 「キリストに倣いて」
    パリ  1788年刊  (KEMPIS, THOMAS A).
    Libri Quator De Imitatione Christi, praecipuo  regni administro, dicati.

  トマス・ア・ケンピス(1380-1471)の主著「キリストに倣いて」の最も稀覯で美麗な版
  です。Joseph Valartt による翻訳本。De Backer によれば、200部のみ印刷された
  が殆どは失われていると記録されています。すべて、ヴェラム紙に印刷されていま
  す。
  ヴェラム紙はフランスの Joseph Michel Montgolfier 兄弟が発明したものです。
  著名な印刷業者Francois-Ambroise Didot により1780年に使用が開始されました。
  このヴェラム紙を使って Joseph Michel Montgolfier 兄弟が1783年に世界で初め
  ての熱気球を飛ばしたことは余り知られておりません。本書に使用された活字は
  Henrico Didot によりデザインされたローマン・タイプの物が使用されています。
        参考文献: De Backer 425; Le Papier I, p. 18; not in BNP; not in NUC.
http://www.bunsei.co.jp/ja/selected-books/ecollection/559-kempis.html
  ホームページに書影・サンプル画像を掲載。

──────────────────────────────────────
  ◆ 文生書院 販売代理 『フェンシング書誌総覧』
──────────────────────────────────────
  『Fencing: A Bibliography』  [フェンシング書誌総覧]  By Pardoel, Henk
    (Amsterdam), with CD-ROM Multi-M/IT, 2005, 412p. \20,000 (税別) 残部僅少

  フェンシングに関する文献集では、1896年出版の”A complete Bibliography of
  fencing and duelling as practised by all European nations from the middle
  ages to the present day. by Carl A[lbert] Thimm”が有名ですが、本書はそれを
  継承し、更に3,100種類の文献を集めて、ヨーロッパに限らず21国言語に依る文献
  を網羅しています。他言語の書誌には翻訳が付されており、更に、その本に関する
  基本的な情報が英語とフランス語で記載されております。

  弊社では偶然に本書の存在を知り、日本の書誌ウェッブで調査致しましたが、本書
  をご所蔵の図書館はまだ無いようであります。更に、本書は2005年に出版されまし
  たので在庫数に限りがございます。ご用命はお早めにお願い申し上げます。
http://www.bunsei.co.jp/ja/hanbaidairi/books/1253-fencing.html
  ホームページに書影・カラーページサンプルを掲載。

──────────────────────────────────────
  ◆ イベント情報
──────────────────────────────────────
  ■ 横浜開港資料館 [特別資料コーナー] アーネスト・サトウの次男 武田久吉と山

    サトウの次男、武田久吉(1883年~1972年)は、サトウのすすめで1910年から16年
  までイギリスに留学し、帝国理工科大学、バーミンガム大学、王立キュー植物園で
  植物学を学びました。帰国後は北海道帝国大学などで植物学を教え、また父、サト
  ウと同じように登山愛好家でもあり、2015年10月に創立110周年を迎える日本山岳
  会創立メンバーのひとりとしても知られています。戦後、1948年から51年にかけて
  同会の第6代会長もつとめました。
    武田家寄贈資料の中から、ごく一部ですが関係資料10点を紹介します。

  会期:2014年12月6日(土)~2015年1月12日(月・祝)
  場所:横浜開港資料館新館2階 特別資料コーナー
  詳細はこちら : http://www.kaikou.city.yokohama.jp/news/event-guide.html

  【開催中】-平成26年度第3回企画展示-
   「近代日本学のパイオニア‐チェンバレンとアーネスト・サトウ」
    会期:2014年10月22日(水)~2015年1月12日(月・祝) 場所:横浜開港資料館
    詳細はこちら : http://www.kaikou.city.yokohama.jp/news/index.html

  ◎ 横浜開港資料館ホームページ http://www.kaikou.city.yokohama.jp/index.htm

──────────────────────────────────────
  ◆ NPO法人インテリジェンス研究所〔テクノインテリジェンス〕
──────────────────────────────────────
    戦後の復興期を担った機械・製造・油化・実用科学技術などをテーマにした
                  「テクノインテリジェンス」コーナー開設

 テーマ7『有沢製作所・アスナ』(立体ディスプレイ)
          ラジオ人の夢を実現:1948の日本放送出版のラジオ新年号でSF作家の旗手
          海野十三氏が「ラジオ人の夢・・。立体テレビィ」(テレビの画面の中に
          美人が立体的に現れる・・・手を出してみる)と語っている。
          まさに2007年に誕生した新局「BS11」にて立体放送され、この「立体放
          送」が正夢となる。
http://www.npointelligence.com/Techno_07_3Ddisplay.html

  ・《過去に学び・伝える》「20世紀メディア情報データベース」「プランゲ文庫」
                           からテーマを捉える(原資料・データベース画像多数).
  ・ <私の合流点>        筆者による分析・解説.

       データベースを面白く使おう!「テクノ・インテリジェンス」コーナー
         ~過去に学び、伝える~ ~最新のアイディアを加えてみよう!
         【投稿募集中 詳細は下記コーナーホームページをご覧ください】
http://www.npointelligence.com/Techno_Intro001.html

──────────────────────────────────────
  ◆【古書の買い取りを致しています】
──────────────────────────────────────
  ご処分の方法がお判りになられない方は先ずはご連絡下さい。その際にご処分され
  たい内容・分野や分量をお教えください。検討後、段取り等々ご案内いたします。
  弊社では常時ご相談をお待ちしております。
  もしも写真あるいはリスト等がございましたら、あわせてお知らせいただける幸い
  です。より具体的な方法をご案内できると思います。宅配便でお送りしていただく
  こともあれば、こちらからお伺いして引き取る方法もございます。全国出張買い取
  りは無料で承ります。
                       『公共図書館様・大学図書館様』
  重複で所蔵されているご蔵書について、ご整理をお考えになられているようでした
  らご相談ご一報ください。

──────────────────────────────────────
  ◆【ブックリスト・オン・デマンド:無料進呈】随時在庫リスト製作します
──────────────────────────────────────
  任意のキーワードで、単行本・雑誌の一覧リストを製作可能です。随時受け付け、
  数日の猶予を頂ければ無料にてメール等でお送りいたします。是非ご一報下さい。
                         mailto:info@bunsei.co.jp

【リストの例】下記リストは古い情報も含みます。売り切れの際はご容赦下さい。
  * 朝鮮半島関係古書在庫リスト(1)~(5)      * 映画雑誌(バックナンバー)
  * 地方史/郷土史                           * 震災関連資料リスト
  * 観光・旅行関連資料リスト                * 競馬関連資料リスト
  * 鉄道関連資料リスト                      * 絵本関連リスト
  * オリンピック関連リスト                  * 映画関連リスト (単行本)
  * 日本占領期関連リスト(復刻,雑誌,単行本)  * 各県”地方誌・郷土史”関連リスト
  * “写真集” 関連リスト                     * 戦前戦後「国語読本」関連リスト
  * 戦前戦後「入試」関連リスト              * “沖縄” 関連リスト
  詳細は http://www.bunsei.co.jp/ja/selected-books/jcollection/1118-ond.html

─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━
               ・引用、転載などは著作権法の範囲内で行ってください。
        ・ご意見、ご感想、お問い合わせは mailto:info@bunsei.co.jp まで。
     ・メルマガご不要な方は mailto:info@bunsei.co.jp までお知らせください。
─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━
                            文生書院のホームページ
http://www.bunsei.co.jp/
                         本郷村だより:文生書院のブログ
http://blog.bunsei.co.jp/
                  メルマガ【文生だより】バックナンバー・申込み
http://www.bunsei.co.jp/ja/mmagazine.html
─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━

→ コメント(0)タグ :

文生だより (文生書院メールマガジン) 第七十五号 (12月10日)

2015年02月27日 · メルマガ

main-d  文生だより (文生書院メールマガジン)
  最新刊の案内や古書新入庫、イベント情報、連載など。
  毎月10日、25日に発行しています。
  【読者募集中(無料)・お申込は以下まで】
http://www.bunsei.co.jp/ja/2011-11-28-02-07-40.html

 

─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━

                    文生だより (文生書院メールマガジン)
                                                               第七十五号
  毎月10日/25日発行                                         2014年12月10日
─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━
◇メールマガジンがご不要な方は大変お手数をお掛けしますが、その旨ご返信あるい
  は  mailto:info@bunsei.co.jp  までお知らせいただきたくお願い申し上げます。
  また、お手数ですがあわせてお名前もお知らせいただけますと幸いです。
◇ウィルス防止のため添付ファイルはありません。不審なメールに注意ください。
─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━
    ◇ 目次
    1. イベント情報
       ◇「戦前日本の秘密戦の解明―新しい共同研究・発表活動のスタート」
          共同主催:
             明治大学平和教育登戸研究所資料館・NPO法人インテリジェンス研究所
       ◇ 新三木会 [第53回 講演会] 『戦後日本映画の光芒』
                                       講師:花珠樹氏 ゲスト女優:香川京子氏
       ◇ 20世紀メディア研究所 : 第87回研究会のご案内
    2. 新着古書
         ステレオグラム(Stereogram) 万国実体写真協会/KEYSTONE/他
         ステレオグラム2 徳川昭武が購入したと思われるステレオグラム
         正宗白鳥全集 全30巻が入荷
         真宗叢書・新編真宗全書が入荷
    3.【古書の買い取りを致しています】
    4.【ブックリスト・オン・デマンド:無料進呈】随時在庫リスト製作します

        ~ Facebookで最新情報を発信しています。是非ご覧ください ~
https://www.facebook.com/bunseishoin

──────────────────────────────────────
  ◆ イベント情報
──────────────────────────────────────
  ■ 第9回諜報研究会
         「戦前日本の秘密戦の解明―新しい共同研究・発表活動のスタート」
     共同主催:明治大学平和教育登戸研究所資料館 NPO法人インテリジェンス研究所

  明治大学平和教育登戸研究所資料館とNPO法人インテリジェンス研究所は、このた
  び双方の蓄積を相互に提供して我が国におけるインテリジェンス史および秘密戦の
  研究を推進すべく、以下の要領で共同主催による研究会を開催いたします。

【共同主催ご挨拶全文】
http://www.npointelligence.com/studies_261220_Co-Announcement_full_1201.pdf

  日時  :平成26年12月20日(土) 13時~16時
  会場  :明治大学 生田キャンパス中央校舎4階405教室・平和教育登戸研究所資料館
           【会場へのアクセス】
           小田急線生田駅      : 南口徒歩15分
           小田急線向ヶ丘遊園駅: 北口から小田急バス「明大正門前」行き終点
http://www.meiji.ac.jp/koho/campus_guide/ikuta/access.html
  参加費:無料
  定員  :200名(定員になり次第お申込を締切らせていただく場合があります)

  内容(敬称略、報告順未定):
  【第1セッション】講演(13:00~14:30)
   山田朗(明治大学文学部教授、明治大学平和教育登戸研究所資料館館長)
    「陸軍の秘密戦における登戸研究所の役割」

   山本武利(NPO法人インテリジェンス研究所理事長)
   「1937年のインテリジェンス事情―2つの極秘機関誕生のなぞ」

  【第2セッション】見学会(14:40~16:00)
   明治大学平和教育登戸研究所資料館内と生田キャンパス内登戸研究所関連史跡の
    見学(ガイドあり) ※ 現在企画展の対象となっているアメリカを震撼させた風
    船爆弾と日中戦争の蒋介石支配地域にばらまかれた偽札を重点的に館長、学芸員
    明大院生が総出で説明にあたる。<現在企画展開催中>
http://www.meiji.ac.jp/noborito/info/2014/6t5h7p00000i01ky.html

  ※ 山本報告のポイント ~~~~ ~~~~ ~~~~ ~~~~
  登戸研究所は1937(昭和12)年11月「陸軍科学研究所登戸実験場」として開設された。
  陸軍中野学校は登戸研究所設立のわずか7か月前の1937年4月に「防諜研究所」として
  呱々の声をあげた。その設立母体は登戸研究所と同じ陸軍省、陸軍参謀本部であっ
  た。秘密戦のノウハウを軍人に習得させるために中野学校は生まれ、登戸研究所は
  中野学校の要請する秘密戦のツールを開発することを目的としていた。
 2つの極秘機関に当初から関係した将校の克明なノートが岩井忠熊立命館名誉教授
  から提供された。彼のなぞの行動をたどりながら、1937年に起こった支那事変のイ
  ンテリジェンス的背景を解明する。またこれら機関は悪名高い731部隊とも当初か
  ら関係したことも明らかにする。
 はたして潜行暗躍中のゾルゲグループや2年後のノモンハン事件にもどう対応した
  のだろうか。

  ※ ご参加希望の方は以下の事項(2.および3.は任意)をご記入のうえ電子メール
     mailto:npointelligence@gmail.comへ12月17日(水)19時迄にお申込み下さい。
     事前申込みなしでも参加できますが、準備の関係上、なるべく事前のお申込み
     をお願いいたします。
  件名:『第9回諜報研究会参加希望』
  申請者情報:
   1. ご氏名(ふりがな)   2. ご所属・ご職業・ご研究分野など(任意)
   3. 当研究所からの今後のご案内を希望される方はご連絡先(任意)

  ◎ NPO法人インテリジェンス研究所 ホームページ http://npointelligence.com/
  ◎ 過去の「諜報研究会」http://www.npointelligence.com/studies1.html

──────────────────────────────────────
  ◆ イベント情報
──────────────────────────────────────
  ■ 新三木会  [第53回 講演会]  『戦後日本映画の光芒』

  日時: 2014年12月18日(木) 13:00-14:30
  場所: 如水会館
  演題:『戦後日本映画の光芒』
  講師: 立花珠樹氏 共同通信社編集委員,映画評論家  
  ゲスト女優:香川京子氏 
  申込先:shinsanmokukai@gmail.com    受講料2000円 夫人1000円 学生無料
          資料・座席準備等もありますので、なるべく事前にお申込み願いします。

  日本映画は、物貧しき戦後社会で最大の娯楽メディアとして急成長し、1950年代に
  黄金時代を迎えた。文化とロマンに飢えた人々は、銀幕の非日常的世界に憧れ、酔
  い、感動し、心を癒した。映画法の統制下にあって国威宣揚の国策に枠嵌めされた
  映画人たちは、戦争が終わると、占領期にはGHQの検閲を受けながらも翼を得て
  新生の活力を甦らせ、50年代には世界の映画史にさん然と輝く名作を次々に生みだ
  していく。こうした映画界の戦後の復興、隆盛に向かう潮流を、講師は分かりやす
  く紹介していく。
  さらに、1950年に映画デビューした女優、香川京子氏をゲストに迎え、小津安二郎
  溝口健二、黒澤明、成瀬巳喜男、今井正ら巨匠たちの素顔や名作の背景を辿ること
  としたい。小津監督は「東京物語」で起用した若き清楚な女優・香川京子氏を「洗
  いざらしの感じがいい」と評していたという。
  最後に会社役員から中小映像会社のトップに転じた仁平幸男氏(昭和28一橋大卒)
  に映画評を拝聴する。異色の社長は、今村昌平監督と組み「うなぎ」を作り、1997
  年(平9)第50回カンヌ映画祭でパルムドール(最優秀作品賞)を獲得している。

  ◎ 新三木会 ホームページ http://jfn.josuikai.net/circle/shinsanmokukai/
              今後の講演予定及び今までの講演 (PDF版 講演記録を掲載)
http://jfn.josuikai.net/circle/shinsanmokukai/kiroku.html

──────────────────────────────────────
  ◆ イベント情報
──────────────────────────────────────
  ■ 20世紀メディア研究所 : 第88回研究会のご案内

  日時   : 12月13日(土)午後2時30分-午後5時30分
  場所   : 早稲田大学  早稲田キャンパス 3号館8階の809号室
        (3号館は従来の研究会会場であった1号館の真正面にある新設の建物です)

  発表者 : テーマ
  ・田村紀雄(東京経済大学名誉教授) (2:30~3:30)
   芙蓉書房出版刊、小著『日本人移民はこうしてカナダ人になった』
                                                              を書き下ろして
  ・ドン・マントン(Don Munton)(関西学院大学客員教授) (3:30~5:30)
   世界の国立公文書館で探り出すカナダの秘密のインテリジェンス史  
      “Discovering Canada’s Secret Intelligence Past in World Archives”
    (マントン氏の報告は通訳付きです)

  ◎ 20世紀メディア研究所 ホームページ http://www.waseda.jp/prj-m20th/

──────────────────────────────────────
  ◆ 新着古書
──────────────────────────────────────
  ■ ステレオグラム(Stereogram) 万国実体写真協会/KEYSTONE/他
  タイトルにあるステレオグラム以外にもステレオ写真、ステレオカード、立体写真
  双眼写真など、呼び方は色々あります。
  ・万国実体写真協会:関東55枚、京都大阪名古屋31枚、海外7枚、飛行機3枚
  ・KEYSTONE:アジア・オセアニア12枚(1枚重複)、南米・北米12枚、ヨーロッパ11枚
  ・内藤写真館によるもの・御大祭の実況/他2枚
http://www.bunsei.co.jp/ja/koshoall/sinnyuko/1249-stereogram.html
  ホームページに各点明細・サンプル画像を掲載。

  ■ ステレオグラム2(Stereogram) 徳川昭武が購入したと思われるステレオグラム
  徳川昭武、最後の水戸藩主であり、11代将軍であった斉昭の息子。15代将軍であっ
  た徳川慶喜の弟でもある。1867年に開催されたパリ万国博覧会に将軍慶喜の名代と
  して渡仏。1876年(明治9年)に開催されたフィラデルフィア万国博覧会にも参加
  万博終了後にはそのまま渡仏し留学する。帰国後、甥に家督を譲り引退。その後は
  千葉県松戸にある戸定邸にて過ごす。
  今回の商品はそのフィラデルフィア万国博覧会の為に渡米した時に購入したと思わ
  れるステレオグラムです。カードの裏に『昭武』と署名があり、購入日が渡米時の
  日程と合致します。引退後は趣味人だったといわれている昭武。その中の一つにあ
  ったのが写真撮影です。兄の慶喜も同じ趣味をもっていたので、もしかしたら兄へ
  のお土産だったのかもしれません。  計154枚
http://www.bunsei.co.jp/ja/koshoall/sinnyuko/1251-stereogram.html
  ホームページに各点明細・サンプル画像を掲載。

  ■ 正宗白鳥全集 全30巻が入荷
  正宗白鳥は明治・大正・昭和にわたって執筆量が2600点にも及びます。この巨大の
  業績の中から本全集は小説489点、戯曲40点のすべてが収録してあります。各巻ジ
  ャンル別に編集し、発表年代順に編成してあります。
  福武書店 函月報共 昭58~昭61
http://www.bunsei.co.jp/ja/koshoall/sinnyuko/1240-masamune.html
  ホームページに書影を掲載。

  ■ 真宗叢書・新編真宗全書が入荷
  「真宗叢書」 全13巻
  前田惠雲是山惠覺両和上古稀寿祝賀の記念事業として昭和5年に刊行しました。本
  書はその復刻版です。
  本書は真宗教義の根本聖典たる三経、七祖並びに高祖・中祖の聖典に渉り、本願寺
  派における代表的な注釈書、勧学寮において選定した論題集、前田・是山両和上の
  著述集からなっています。
  臨川書店 昭53 菊判 シミ、箱に傷みがございます。シミ、ヤケがございます。

  「新編真宗全書」 全30巻
  思文閣 昭50~昭52 菊判  函に痛みがございます。シミ、ヤケがございます。
  一冊(教義編第10巻)改装本が含まれます。
http://www.bunsei.co.jp/ja/koshoall/sinnyuko/1233-shinsyuusousyo.html
  ホームページに書影を掲載。

──────────────────────────────────────
  ◆【古書の買い取りを致しています】
──────────────────────────────────────
  ご処分の方法がお判りになられない方は先ずはご連絡下さい。その際にご処分され
  たい内容・分野や分量をお教えください。検討後、段取り等々ご案内いたします。
  弊社では常時ご相談をお待ちしております。
  もしも写真あるいはリスト等がございましたら、あわせてお知らせいただける幸い
  です。より具体的な方法をご案内できると思います。宅配便でお送りしていただく
  こともあれば、こちらからお伺いして引き取る方法もございます。全国出張買い取
  りは無料で承ります。
                       『公共図書館様・大学図書館様』
  重複で所蔵されているご蔵書について、ご整理をお考えになられているようでした
  らご相談ご一報ください。

──────────────────────────────────────
  ◆【ブックリスト・オン・デマンド:無料進呈】随時在庫リスト製作します
──────────────────────────────────────
  任意のキーワードで、単行本・雑誌の一覧リストを製作可能です。随時受け付け、
  数日の猶予を頂ければ無料にてメール等でお送りいたします。是非ご一報下さい。
                         mailto:info@bunsei.co.jp

【リストの例】下記リストは古い情報も含みます。売り切れの際はご容赦下さい。
  * 朝鮮半島関係古書在庫リスト(1)~(5)      * 映画雑誌(バックナンバー)
  * 地方史/郷土史                           * 震災関連資料リスト
  * 観光・旅行関連資料リスト                * 競馬関連資料リスト
  * 鉄道関連資料リスト                      * 絵本関連リスト
  * オリンピック関連リスト                  * 映画関連リスト (単行本)
  * 日本占領期関連リスト(復刻,雑誌,単行本)  * 各県”地方誌・郷土史”関連リスト
  * “写真集” 関連リスト                     * 戦前戦後「国語読本」関連リスト
  * 戦前戦後「入試」関連リスト              * “沖縄” 関連リスト
  詳細は http://www.bunsei.co.jp/ja/selected-books/jcollection/1118-ond.html

─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━
               ・引用、転載などは著作権法の範囲内で行ってください。
        ・ご意見、ご感想、お問い合わせは mailto:info@bunsei.co.jp まで。
     ・メルマガご不要な方は mailto:info@bunsei.co.jp までお知らせください。
─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━
                            文生書院のホームページ
http://www.bunsei.co.jp/
                         本郷村だより:文生書院のブログ
http://blog.bunsei.co.jp/
                  メルマガ【文生だより】バックナンバー・申込み
http://www.bunsei.co.jp/ja/mmagazine.html
─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━

→ コメント(0)タグ :

日本の統計書類 【1795 items】

2015年01月30日 · 古書

科学技術の進歩は蔑ろに出来ませんが,日本も色々な事を考える時期に来ていると思えます。弊社で出来る其の一つの手段として,今回明治以来の統計書のリストを此処にお届けしたいと考えました。此処にご案内するものの中には市場に出てくる最後の機会になる可能性を含んでいると思います。少しでもご活用頂けますれば、この上ない幸せであります。

目次: 統計書を中心とした年鑑・年報・月報

全体リスト  1795点 (PDF by 1030k)
題名順 記載番号  
あ行 Nos. 1-136  (PDF by 161k)
か行  Nos. 136-574 (PDF by 344k)
さ行  Nos. 575-980 (PDF by 330K)
た行  Nos. 981-1280 (PDF by 262k)
な行  Nos. 1281-1481 (PDF by 206k)
は行  Nos. 1482-1608 (PDF by 159k)
ま行 Nos. 1609-1659 (PDF by 99k)
や行以降  Nos. 1660-1795 (PDF by 160k)

* 分割は難しいセットもございますが,ご照会下さい。
* リンクしたPDF内では検索が可能です。ctrl + F で窓からご検索下さい。

* 本リストには,学会、研究会、研究所、博物館美術館等々の年報類は含めておりません。再度まとめてご案内したいと 思います。
* 白書類は入れませんでしたが,近日中にリストを作りたいと思います。
* 調査報告書類は含めませんでした。近いうちにまとめてみたいと思います。

toukei

→ コメント(0)タグ :

美香登野球クラブ (シアトル) を中心とした写真帖3冊

2015年01月09日 · 古書

MIKADO Baseball Club, Seattle (Washington)

Thumbnail image

Thumbnail image

左側: 大正10年早大渡米の歳、対美香登倶楽部野球チーム 於シアトル レニアー・パーク・グランド
右側: 大正12年京都新聞記念 美香登と早稲田選手 於大隈会館

この写真帖の持ち主は,写真帖のキャプションから推察しますと、明治26年頃北上川周辺で生まれ、明治44年には一関中学の高学年に成り、渡米する。スクールボーイや、麦畑、キャベツ畑で労働の後、1916年美香登[ミカド]クラブ野球部(シアトル)へ参加する。1917年シアトルにFashion Craft Tailorを開業する。

大正9年、美香登野球クラブ第一回故国遠征に参加,各地を転戦する、早大を訪問し阿部磯雄部長と記念撮影、又早大が招聘したシカゴ大学ナインとも帝国ホテル等で記念撮影をしています。

大正10年には阿安部磯雄監督が引率して第四回早大米国遠征が行われました。其の時にワシントン大学学生クラブでの早大野球部員の写真が有り、早大と今をときめくバンクーバー朝日クラブとの対戦写真と共に早大対美香登クラブとの写真もあります。

大正12年に関東大震災直後に第二回遠征で横浜港に到着。横浜港の警護艦の写真と共に、乗船のアリゾナ丸が被災民1,200名を載せて神戸へ回航されるのを目撃する。 …

 【詳細解説・写真掲載。文生書院ホームページへ】

 

第1冊目: [33.5 x 26cm 横長 アルバム  表紙革製]  93p.
第2冊目: [38 x 28cm 横長 アルバム 表紙革製]     82p.
第3冊目: [26 x 18cm 横長 アルバム 表紙革製]     61p.

3冊合計で,手札サイズ以下の小判写真が約519枚有り、キャビネ判の中判が約49枚、それ以上の大判が約19枚含まれております。

→ コメント(0)タグ :

文生だより (文生書院メールマガジン) 第七十四号 (11月25日)

2015年01月08日 · メルマガ

main-d  文生だより (文生書院メールマガジン)
  最新刊の案内や古書新入庫、イベント情報、連載など。
  毎月10日、25日に発行しています。
  【読者募集中(無料)・お申込は以下まで】
http://www.bunsei.co.jp/ja/2011-11-28-02-07-40.html

 

─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━

                    文生だより (文生書院メールマガジン)
                                                               第七十四号
  毎月10日/25日発行                                         2014年11月25日
─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━
◇メールマガジンがご不要な方は大変お手数をお掛けしますが、その旨ご返信あるい
  は  mailto:info@bunsei.co.jp  までお知らせいただきたくお願い申し上げます。
  また、お手数ですがあわせてお名前もお知らせいただけますと幸いです。
◇ウィルス防止のため添付ファイルはありません。不審なメールに注意ください。
─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━
    ◇ 目次
    1. 新着古書
         英国馬術稀覯本 二種
         小川一真作品 FAIR JAPAN/JAPANESE STUDIES/VIEWS OF HAKONE/FUJI-SAN
         中野重治全集 定本版
         “沖縄” 関連古書 全349点 《ブックリスト・オン・デマンド》
    2. Recent Acquisitions of Small but unique sets 最近の新入庫品ご案内(16)
         41) 新撰大匠雛形大全
         42) 金銀図録
         43) 聴濤軒文集
    3. NPO法人インテリジェンス研究所〔テクノインテリジェンス〕
         『日産自動車(株)繊維機械事業部』(織機)
          FAコントローラ&『ソニー(株)』(CELL方式用組立ロボット【CAST】)
    4. イベント情報
       ◇ 横浜開港資料館 -平成26年度第3回企画展示-
          近代日本学のパイオニア‐チェンバレンとアーネスト・サトウ
       ◇ 20世紀メディア研究所 : 第87回研究会のご案内
    5.【古書の買い取りを致しています】
    6.【ブックリスト・オン・デマンド:無料進呈】随時在庫リスト製作します

        ~ Facebookで最新情報を発信しています。是非ご覧ください ~
https://www.facebook.com/bunseishoin

──────────────────────────────────────
  ◆ 新着古書
──────────────────────────────────────
  ■ 英国馬術稀覯本 二種
  1. ASTLEY, John.
  The art of riding, set foorth in a breefe treatise, with a due
  interpretation out of certeine places alledged out of Xenophon,and Gryson.
  London, Henry Denham, 1584. 4. Gold-tooled red morocco (ca. 1890) by
  Riviere & son; rebacked, with the original backstrip laid down.

  2. CAVENDISH, William, Duke of Newcastle and Gaspard de SAUNIER
  A general system of horsemanship in all it’s branches.
  London, J. Brindley, 1743. 2 volumes bound as 1. 2

  もともと西洋では、ギリシャのアテネの歴史家・哲学者・軍人でありましたXenophon
  が西洋馬術の源流とみなされております。16世紀に入りますとヨーロッパ各地で馬
  術が盛んになりました。
  英国においても、1540年頃チェスターで世界初の競馬競技が行われており、18世紀
  初頭には、アラブ種の馬との交配によりサラブレッド種を生んでいる馬術に於け
  る超先進国であり続けております。
  馬術では良く英国流と言われておりますが、その源流はJohn ASTLEYが1584年に書
  きました一番目の本に由来するものと思います。つまり、enophon やFederico
  Grisoneから受け継いだものを記述するだけでなく、彼独自に学んだものを加味し
  ているようであります。
  更に、1743年William CAVENDISHによって書かれ2番目に案内致しております本は、
  より貴族的な観点を持って詳述された英国風馬術が展開されております。
  両書とも初版本は非常に稀にしか市場に出てきません。是非ともこの機会に世界的
  名著の初版本をお手元にお置き下されますようご案内申し上げます。
http://www.bunsei.co.jp/ja/selected-books/ecollection/1231-hms.html
  ホームページに書影・挿絵画像・解説を掲載。

  ■ 小川一真作品
  FAIR JAPAN   ~ OPTIMISTIC VERSION / PESSIMISTIC VERSION (2冊)~
  Helmuth, William Tod / KELLY & WALSH,LIMITED/COLLOTYPED by K.Ogawa
  1900年頃 / 帙コワレ

  JAPANESE STUDIES  by H.G.PONTING  F.R.G.S
  COLLOTYPED by K.Ogawa / KELLY & WALSH,LIMITED / 1906(明39)/ 全52図
  経年による少痛 / 京都・奈良・広島・東京等様々な場所の風景や建築、風俗写真

  VIEWS OF HAKONE (はこね)
  HALF-TONE PHOTO-ENGRAVING BY K.Ogawa / KELLY & WALSH,LIMITED / 1894 /
  全21図  表紙・裏表紙角少破 / 箱根湖・蘆之湯・宮ノ下・冨士屋ホテル等の写真

  FUJI-SAN (富士山)
  Herbert George Ponting / KELLY & WALSH,LIMITED / 小川一眞出版部 / 1906
  全24図  表紙欠・ヤケ・ムレ・シミ   『富嶽三十六景』の似た様な構図の写真等
http://www.bunsei.co.jp/ja/koshoall/sinnyuko/1246-kogawa.html
  ホームページに書影を掲載。

  ■ 中野重治全集定本版 全28巻・別巻1(29冊)が入荷
  本全集は1976年9月から80年5月まで刊行された新版『中野重治全集全28巻』を増補
  改訂して、全28巻・別巻一としたものです。
  新版『中野重治全集』には1920年から1979年7月の著者が死に至るまで全文業がお
  さめられましたが、完結後に未収録の文章がかなりの数で見つかりました。
  本全集第28巻にはその未収録の文章を年代順に収録してあります。
  筑摩書房 函月報共 平8~平10。
http://www.bunsei.co.jp/ja/koshoall/sinnyuko/1239-nakano.html
  ホームページに書影を掲載。

  ■ “沖縄” 関連古書 全349点 《ブックリスト・オン・デマンド サンプル》
    ・福岡県主催第13回九州沖縄八県連合共進会審査復命書 農商務省 明44
    ・沖縄織物裂地の研究(図録共2冊)田中 俊雄/田中 玲子 S27
    ・沖縄郷土古典芸能組踊全集 當間清弘 S40
    ・基地沖縄:返還のためのレポート 琉球新報社 S43.8
    ・沖縄問題をめぐる最近の論調 四十六年一月~九月の主要雑誌から 不明 S46.9
    ・世替わり裏面史:証言に見る沖縄復帰の記録 琉球新報社 S58
    ・沖縄の基地移設と地域振興 高橋 明善 H13.2
    ・アメリカの沖縄統治関係法規総覧 全8巻  昭58    【等々 全349点一挙掲載】
http://www.bunsei.co.jp/ja/koshoall/sinnyuko/1250-okinawa.html
  ホームページに各点詳細を掲載 キーワード:【沖縄】
                    ~~~~ ~~~~ ~~~~ ~~~~
                 【ブックリスト・オン・デマンド 無料進呈】
  任意のキーワードで、単行本・雑誌の一覧リストを製作可能です。随時受け付け、
  数日の猶予を頂ければ無料にてメール等でお送りいたします。是非ご一報下さい。
                         mailto:info@bunsei.co.jp

──────────────────────────────────────
  ◆ Recent Acquisitions of Small but unique sets ~最近の新入庫品ご案内(16)
──────────────────────────────────────
       最近入手した古書のうち小さいけれどユニークなものを集めました。
                     少しずつご案内させていただきます。

  41) 新撰大匠雛形大全  第2,4,6冊 (西洋建築雛形 巻之下)
      明治30年  石井夘三郎著  題簽なし  22cm x 15cm
http://www.bunsei.co.jp/ja/koshoall/sinnyuko/1134-recent3.html#11

  42) 金銀図録 巻之5 
      近藤守重  彩色刷  題簽なし  22cm x 14.8cm
http://www.bunsei.co.jp/ja/koshoall/sinnyuko/1134-recent3.html#12

  43) 聴濤軒文集
      鳳洲土屋先生著  写本  題簽なし  朱筆多数あり  22cn x 15.5cm
http://www.bunsei.co.jp/ja/koshoall/sinnyuko/1134-recent3.html#13

──────────────────────────────────────
  ◆ NPO法人インテリジェンス研究所〔テクノインテリジェンス〕
──────────────────────────────────────
    戦後の復興期を担った機械・製造・油化・実用科学技術などをテーマにした
                  「テクノインテリジェンス」コーナー開設

  ・《過去に学び・伝える》「20世紀メディア情報データベース」「プランゲ文庫」
                           からテーマを捉える(原資料・データベース画像多数).
  ・ <私の合流点>        筆者による分析・解説.

 テーマ6 『日産自動車(株)繊維機械事業部』(織機)
           FAコントローラ&『ソニー(株)』(CELL方式用組立ロボット【CAST】)
http://www.npointelligence.com/Techno_06_Senni.html

       データベースを面白く使おう!「テクノ・インテリジェンス」コーナー
         ~過去に学び、伝える~ ~最新のアイディアを加えてみよう!
         【投稿募集中 詳細は下記コーナーホームページをご覧ください】
http://www.npointelligence.com/Techno_Intro001.html
──────────────────────────────────────
  ◆ イベント情報
──────────────────────────────────────
  ■ 横浜開港資料館 [平成26年度第3回企画展示] 
                    近代日本学のパイオニア‐チェンバレンとアーネスト・サトウ

    開港後に来日した外国人の中に、自分たちのそれとは大きく異なる日本の歴史や
  文化に興味を持ち、研究を始める人びとが現れました。その多くは外交官や宣教師、
  お雇い外国人たちです。かれらは日本人と交わり、日本語を習得し、日本文化に親
  しみながら、日本や日本人を研究し、理解しようと努めました。このジャパノロジ
  スト(日本研究者)と呼ばれる人たちの中からさらに、日本の古典を原書で読み、
  本格的な研究成果をあげる優れた人びとが誕生しました。アーネスト・サトウと、
  B・H・チェンバレン、W・G・アストンは明治期の3大ジャパノロジストと称されま
  す。
    本展示のおもな資料は、横浜開港資料館が所蔵する国内随一のサトウとチェンバ
  レンのコレクションです。とくに戸田家旧蔵チェンバレン関係資料は初公開となり
  ます。ふたりのジャパノロジストとしての活躍を、日本での暮らしぶりや、周囲の
  人びととの交流を通して紹介します。

  会期:2014年10月22日(水)~2015年1月12日(月・祝)
  場所:横浜開港資料館

  詳細はこちら : http://www.kaikou.city.yokohama.jp/news/index.html
  ◎ 横浜開港資料館ホームページ http://www.kaikou.city.yokohama.jp/index.htm

  ■ 20世紀メディア研究所 : 第87回研究会のご案内

  日時   : 11月29日(土曜日) 午後2時30分~午後5時00分
  場所   : 早稲田大学  早稲田キャンパス 3号館8階の809号室1
        (3号館は従来の研究会会場であった1号館の真正面にある新設の建物です)

  発表者 : テーマ
  ・滝口明祥 (大東文化大学専任講師):
     共産党系メディアにおける〈太宰治〉表象
  ・時野谷ゆり (早稲田大学文学学術院非常勤講師):
     メディアを越える「戦争」と「女」
                              –坂口安吾「戦争と一人の女」の映画化をめぐって
  ・川崎賢子 (日本映画大学):
     占領期における文学の近代化と古典化をめぐって  –第二芸術論への一視角

  ◎ 20世紀メディア研究所 ホームページ http://www.waseda.jp/prj-m20th/

──────────────────────────────────────
  ◆【古書の買い取りを致しています】
──────────────────────────────────────
  ご処分の方法がお判りになられない方は先ずはご連絡下さい。その際にご処分され
  たい内容・分野や分量をお教えください。検討後、段取り等々ご案内いたします。
  弊社では常時ご相談をお待ちしております。
  もしも写真あるいはリスト等がございましたら、あわせてお知らせいただける幸い
  です。より具体的な方法をご案内できると思います。宅配便でお送りしていただく
  こともあれば、こちらからお伺いして引き取る方法もございます。全国出張買い取
  りは無料で承ります。
                       『公共図書館様・大学図書館様』
  重複で所蔵されているご蔵書について、ご整理をお考えになられているようでした
  らご相談ご一報ください。

──────────────────────────────────────
  ◆【ブックリスト・オン・デマンド:無料進呈】随時在庫リスト製作します
──────────────────────────────────────
  任意のキーワードで、単行本・雑誌の一覧リストを製作可能です。随時受け付け、
  数日の猶予を頂ければ無料にてメール等でお送りいたします。是非ご一報下さい。
                         mailto:info@bunsei.co.jp

【リストの例】下記リストは古い情報も含みます。売り切れの際はご容赦下さい。
  * 朝鮮半島関係古書在庫リスト(1)~(5)      * 映画雑誌(バックナンバー)
  * 地方史/郷土史                           * 震災関連資料リスト
  * 観光・旅行関連資料リスト                * 競馬関連資料リスト
  * 鉄道関連資料リスト                      * 絵本関連リスト
  * オリンピック関連リスト                  * 映画関連リスト (単行本)
  * 日本占領期関連リスト(復刻,雑誌,単行本)  * 各県”地方誌・郷土史”関連リスト
  * “写真集” 関連リスト                     * 戦前戦後「国語読本」関連リスト
  * 戦前戦後「入試」関連リスト
  詳細は http://www.bunsei.co.jp/ja/selected-books/jcollection/1118-ond.html

─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━
               ・引用、転載などは著作権法の範囲内で行ってください。
        ・ご意見、ご感想、お問い合わせは mailto:info@bunsei.co.jp まで。
     ・メルマガご不要な方は mailto:info@bunsei.co.jp までお知らせください。
─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━
                            文生書院のホームページ
http://www.bunsei.co.jp/
                         本郷村だより:文生書院のブログ
http://blog.bunsei.co.jp/
                  メルマガ【文生だより】バックナンバー・申込み
http://www.bunsei.co.jp/ja/mmagazine.html
─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━

→ コメント(0)タグ :